FETによるディップメーターの製作 (Making a Dip Meter using FET)

既にDip Meterはかぞえてはいないがもう軽く10台以上は作ったと思います。はじめの頃はバリキャップ(可変容量ダイオード)を使って発振周波数を変化させましたが電源電圧の変動で周波数が変動しやすく、また目盛りが均等になりません。これはバリキャップの電圧に対する周波数の変化が直線的ではないためです。そこで今回は430pF2連のバリコンを使いました。発振は在庫があった2SK49(FET)を使い、メーターは1mAのためそのままでは振れが小さいのでトランジスター1個で直流増幅をしました。周波数のそくていにカウンターを使うのでカウンターの出力用に2SK19を使って発振回路からバッファーを通してカウントできるようにしました。コイルは水晶発振子FT243用のソケットを使いたかったのですが手持ちがなかったのとコイルのボビンを作るのが大変なのでRCAプラグに径が10mmの塩ビパイプを接着して作りました。ところがこのボビンにコイルを巻いて半田付けをするのが簡単ではありません!RCAプラグにボビンをネジで回して取り付けるために半田付けをしてからネジ込むと線がよじれて切れてしまいます、、、さてこれをどうやって解決したのでしょうか?知りたいですか?実は簡単なんです!どうしても知りたい方はご質問ください。でも答えを聞いてがっかりしないで下さい。

ダイアル目盛りの書き込みはこれからです。1.4~160MHzまでを5バンドです。

Explanation in English will be written later.

| | コメント (0)

2021年8月17日 (火)

小学生の夏休み課題研究(ラヂオの製作)お手伝い(Helping Home Work of primary school boy of my nephew)

甥っ子の息子の小学6年生の夏休み課題研究としてラヂオを作る事にしたそうです。ラヂオの組み立てキットを買ったので始めたけれど難しいので教えて欲しいと言う事でお父さんの車で一緒に来ました。見てみると半田付けが所謂イモハンダでNGです。そこで半田付けの極意を伝授することにしました。半田付けは糊で接着するような感覚ではなく、半田付けをする部分を良く加熱してその熱で半田が熔けて融着するという感覚でやります。その為には”鏝先、半田あと、半田先、鏝あと”です。これは先ず鏝を先に部品に当てて充分加熱してそれから半田をそこに供給し、半田が熔けて流れたら半田の棒を外し、それから鏝を離す”と言う意味です。これを先ず教えてから私は手を出さず自分ですべてやってもらいました。とても手先が器用で半田も非常にしっかりと溶着しています。ラヂオのキットは部品票に番号が付いていて、手順書にも作業の順番と取り付け部品の番号が付いていました。大型のラヂオ用ICを使ったAMとFMの2バンドのラヂオでキットはとても良く考えられている製品でした。ついでに抵抗器のカラーコードの味方と覚え方も教えました。手順通りに作業が終わった後でいよいよ電源を入れる時が来ました。緊張の面持ちでスイッチを入れたら一発でタヂオが鳴りました!とても嬉しそうでした。これで素晴らしい夏休みの研究報告書が書けるでしょう。!

My nephew asked me to help his son's home work for this summer vacation.His son is 6 year grade of primary school. he wants to make a portable radion for his home work theme but it is rather difficult for him to assmble the radio for first time. He came to my home by a car driven by his father. First I checked his soldering work but it was not good. I tought him how to solder with the soldering gun I mean the innermost secrets. Which is "First put the soldering gun to the parts then put the solder to the parts then leave the solder and finally leave the gun. It is very important to heat the parts enough before put the solder to the parts.First I showed him how to do and then I made the boy to do all things by himself. The radio kit was very well made. All parts are well arranged in the assemblig procedure with numbers are printed according to the procedure. The radio is made of a big IC and can receive AM and FM band. I also tought him how to read and how to memorize the color code of resisters. After the all work had done he was nervous to swtch on for the fisrt time and the radio made a big sound of music ! He was very happy and I think he will make a nice report for his home work of summer vacation. 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年8月16日 (月)

半田吸い取り機(バキューム式)の修理 Repairing a solder absorber(Vacuum type)

ある人から古い半田吸い取り機を頂きました。この機械は電子基板などの半田付け作業の際に余分についてしまった半田や基板から部品を取り外す際に半田を溶かしてから真空ポンプで吸い取るための機械です。長年放置してあったとのことでダイアフラム式の真空ポンプのゴム製のバルブは完全に劣化して固まっていました。また吸い取り用ガンの後部に付ける真空用ビニールホースを差し込むプラグ(エンドキャップ)が欠品していました。バルブは1mm厚のシリコンゴム板で作る予定ですが手持ちが無いので書類用ホルダーのシートを加工して仮の弁を作りました。またエンドキャップはジュラコンの丸棒を旋盤で加工して作りました。その結果、充分な真空が得られて半田の吸い取りも完璧に出来るようになりました。後は錆びたネジを新しく交換し、黄色く変色したホースを新品に交換します。

I got a very old solder absorber(Vacuum type).This is used for absorbing an excess solder on the electric circuit or to take way the solder to remove the parts on the board by melt the solder and absorb it by vacuum. The valve made of rubber sheet was completely damaged and became harden due to very long time leaving. The end caps of the aborbing gun to connect the vacuum hose were missing. I'm going to make the valve using a thin silicon sheet but I don't have it now so I made the valve using a vinyl sheet temporarily. And I made the end caps using plastic material cutting by my small desk top lathe. Finally I got a enough vacuum and very nice solder absorbing operation. I will soon replace the rust screws and old vacuum hose with new ones   

修理した吸い取り機、左は吸い取り用のガン

The repaied absorber and the gun (left)

バルブは茶色に変色して溶けて固まっていました。

Damaged velve

清掃した状態でこの上にシート状のバルブを載せます。

A new valve will be monted on this cleaned plate.

| | コメント (0)

2021年8月 1日 (日)

珍しい花束

昨日は珍しい花束をお土産に頂きました。はじめは普通の造花だと思っていましたが香りが良くて奇麗なので良く見たら何と材料が石鹸で出来ている花でした。着色や香りを付けるのは石鹸なので良く出来るのだと思います。硬めの石鹸なので触った感じではプラスチックのようです。大変めずらしい物だと思いました。

When my two friends visited my home last day it was July 31st. They brought a bouque for my wife. I thought it was a kind of an artificial flower but I finally noticed that it was a flower made of sabao, which is called soap in English. It would be very nice to put a good fragrance and beautiful color as it is made of soap. I thought it was a plastic material as I felt it was rather hard. Anyway the flower is an out of the ordinary thing. 




| | コメント (1)

2021年7月17日 (土)

縦振り電鍵の製作 Making a straight Key

今回はまたストレートキー(縦振り電鍵)を作りました。シリアルナンバーがNo.1212号になりました。すべて自作の真鍮製部品は欅の台座の上に構築してあり、底面にはゴムシートを挟んで1.5mm厚のステインレス鋼鈑を取り付けてあります。操作音は静かで快適です。美しい外観なのでギリシャ神話の女神”Aphrodite”と命名してあります。
I made a straight key again. This is No.1212 in my serial number record. The home brewed brass parts are mounted on Zelkova wood and I put a stainless 1.5mm thick plate with rubber sheet under the base. The sound is quiet with good feeling of operation.
I named this key "Aphrodite" because looks very beautiful.
Img_5078 Img_5077 Img_5077
Img_5077

| | コメント (0)

2021年6月23日 (水)

ビンテージ テナーサックス YANAGISAWA (Vintage Tenor Sax Yanagisawa)

YANAGISAWAの本社に調べてもらったら、この 300-886463 のシリアルナンバーは約50年ほど前に製作されたビンテージだそうです。聞くところによるとマーチン・コミッティーⅢのコピーになるそうで、キーガードに特徴があります。G#が右手でも操作できるようになっています。この楽器は入手した時は、錆び、凹み、欠品、半田、外れ、タンポの破れなどで完全なジャンクでしたが、楽器のレストアーとしての作業を十分に楽しませてくれました。分解、清掃、磨き、塗装、組み立て、調整などの工程を勉強することが出来最終的には何とか演奏が出来るようになりました。しかし、現在の楽器とはトーンレバーがかなり違うために演奏はやりにくく、このままでは”楽器”としては使えないようです。更に調整をするか、又はこのままビンテージとして飾っておくしかないかも知れません。こんなテナーでもご希望の方が居られたら部品代5千円と送料(郵パック140サイズ)をご負担いただければお譲りします。

I asked when this Sax was produced and have a reply it was made about 50 years ago for this serial number 300-886463. And I hard that this one is a dead copy of Martin Committy Ⅲ. it has a peculiarity of it's tone hole gurd. There is a lever for G# by right side hand. When I got this junk tenor it was very rusty.many dents, lost parts, broken solder and broken tamp pads. However, I have very much enjoyed of aprting all parts,cleaning, polishing, painting, assembling and adjustment. So it was a very nice opprtunity to study how to repair the old sax and finally I succeeded to play music by this Tenor Sax.However, the arrangement of the tone levers are much different comparing with the sax of new one so it is very difficult to play. It might be not good to use as a musical instrument. I think it needs more sevier adjustment or it should better to be a nice decoration. I will sell this old sax at price 5000 JPY (for just parts cost). 

Youtubeによる動画を載せてみました。

https://www.youtube.com/watch?v=qv1bZPCct9s

上記をコピーしてURLの欄に張り付けてから開いてください。




 

| | コメント (0)

2021年6月 8日 (火)

またシングルレバーパドルを作りました。






また、シングルレバーパドル"White Eagle"を作りました。通算製作番号がNo.1200号になりました。両端の電極を短絡すれば複式電鍵として使えます。スライド式のダストカバーが付けてあります。このキーは手首を大きく振って使うと良い感じです。別名で”ひっぱたき野郎用”友言います。笑!!
I made a single lever paddle named "White Eagle". The serial number came just No.1200 for this model. This key can be used as a "Cootie" when the two terminals are short circuited. This key has a slide type dust cover. I think this is very comfortable operating in dynamic swinging of palm. I call the operator of this key as "Dynamic slapper" ? in Japanese we say "Hippataki yaroo" ha ha ha !



















いいね!




コメントする



シェア

| | コメント (0)

2021年4月14日 (水)

サックスのネックスクリュー

サキソフォンの本体にネックを付ける時はネックスクリューで止めるようになっているが純正のスクリューは一般的にはかなり小さく出来ている。これは重量を軽くする事でもあるが実際にはそれほどの強度も必要ではないので十分な大きさだと思います。しかし、最近は音が良くなって演奏しやすくなるというネックスクリューが売り出されています。ネジ1本で吹奏感が変わるようなことは無いだろうと思っていましたが、一応念のためにと考えて大きなネジを作ってみました。

写真の左側が純正のスクリューで真ん中が真鍮製、右端はネジの部分だけをステンレス製のネジを組み込んだ物です。

重量は純正が5g、真鍮製が19g、ステンレスのネジを付けたものが17gでいずれも純正の4倍近くなっています。

実際に吹奏してみた感じでは重いネジの方がメリハリの利いたしっかりした音で音が出し易い感じがする。大きな違いはないようだが確かに差はあるようだ。恐らくネジの質量の関係で振動や響きが変わるのだろうと思う。今度の発表会ではこのネックスクリューを使ってみようと思う。最近発売された吹奏感が改善して音が良くなるというネックスクリューは価格が7000円~9000円するようです。こんなネジなら旋盤を使って簡単に出来るし、材料費も100円以下ですね。

The Saxophone is constructed of three main parts. main body, neck and mouth piece. There is a little screw to connect main body and neck. Recentry some new neck screw are on sale from some makers. They say those neck screws sre very good to improve the sound and playability so they are recomending to use them. The original screws are rather small because it does not need strength. The screws on sale are big and heavy. I think it is unbeliebvable to change the sound and playability by such a screws. However, I would like to try those screws. I made two big screws by lathe one is 19g and the other is 17g. The original screw is only 5g in weight. So the screws I made are almost four times heavyer than original one. I tried them setting on my Alt Saxophone and I realized that the plauability is somewhat getting easy and the sound became clear. The new screws cost about 7000 to 9000 Yen but the screws I made is only about 100 yen.  

| | コメント (1)

2021年2月 4日 (木)

ユニークなアイデアのシングルレバーパドル、(往復電鍵)

一般的にシングルレバーパドルは構造上の問題でその中点位置がなかなか安定しにくいのですが、今回のアイデアではガイド板の両側に焼き入れ鋼の板バネを両側に付けてそのバネでレバーの先端を保持するという物です。これで常にレバーはガイド板の位置(中点)に保持されるので安定しています。バネの強さは写真に示すアジャスターを前後に動かすことで調整が出来ます。このような電鍵はスワイパー、スインガーまたはクーティーなどと呼ばれているようです。この電鍵はProng hornと命名しました。カナディアン ロッキーに生息する野生のかも鹿の仲間で大きな角を持っています。ベースはイタリア産の大理石を使っています。
This is a newly made side swiper. I'm not sure the name of this key. I think it would be called side swiper swinger or maybe cooty.
I have just finished today. This has a very unique idea holding the lever. generally in these keys two coil springs are used to hold the lever from both side at it's neutral position, however, at the neutral position the coil springs are evenly balanced therefore the neutral position is not stable due to it's friction. By my new idea, I used two flat spring plates to squeeze the lever helped by a guide plate which is installed in just in front of the lever. The lever is always holding by the plate spring at it's neutral position. The spring tension cam be adjusted by the adjuster on the guide plate as you can see in the picture. I named this key "Prong horn" which is a wild animal in Canadian Rocky. Base is an Italian marble stone. And I made a dust cover.

Img_4842 Img_4843 Img_4849





| | コメント (0)

2021年1月28日 (木)

テナーサックス用ケースの取っ手

古いジャンクのテナーサックスを全分解してタンポをすべて交換し、針バネやコルクも調整してバッチリ演奏が出来るようになりましたが、ケースの取っ手が水平に持つ取っ手しかなく縦方向には持てなかったので不要になったアルトサックスの古いケースから取っ手を取り外して縦の方向にも持てるように取っ手を付けました。これで楽器の収納棚から取り出すのが楽になりました。

I have repaired a very old jank tenor sax. The carring case of this sax has no handle for carring it in vertical position. So I removed a handle from a old alt sax case and installed it into the tenor sax case as shown in the pictures. Now it is very convenient to take out the tenor sax from my sax storage space.




| | コメント (0)

«自作の「Bug Key」My home brewed bug key.