2018年4月29日 (日)

竹トンボ(Bamboo Dragon Fly)

子供の頃に良く遊んだ竹トンボを作ってみました。肉厚の竹があったのでそれを利用しましたが非常に乾燥していてかたかったので先ず2晩水につけて柔らかくしてから加工しました。カンナである程度薄くしてから中心に穴を開け、それから両側をカッターナイフで削りました。削った面はかなり凸凹になるので仕上げは木工用のやすりを使ってなるべく薄く平らに仕上げました。軸は古くなった傘の骨の一部に使われていた樹脂製の3mmφの丸棒です。飛ぶことは飛びますが、まだ重量が重いようです。もう少し薄く仕上げる必要がありそうです。左右のバランスを取るのが意外に難しい作業です。

I was often used to enjoy making and playing the Bamboo Dragon Fly when I was a young boy. I found a very thick bamboo but it was very much dried and very hard so I put it into water for two days to make it soft. I used a planer to have a good thickness and made a small hole in the center of it. I made it into a good shape of the both side of it by a knife. And finished with a wood work file. I used a plastic 3mm φsmall bar which was used in a old umbrella. I think this dragon fly can fly very well but I want to make it more light. It was very hard to make a good weight balance for the both side.

Img_20180430_155838

Img_20180429_124249

Img_20180429_124255

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

シングルレバーパドル「Halcyon」No.1018 が完成!

精魂込めた手作り電鍵、シングルレバーパドル「Halcyon」通算製作番号No.1018号が完成しました。これは従来のHalcyonの一部改良型です。レバー先端の電極に0.3mm厚の燐青銅板を取り付けてあたりをソフトにした事とレバーの先端に通してある1.0φのステンレス針バネのアジャスターの板上のガイド板を3φのステンレス丸棒に変更し、更にアジャスターは15φの丸棒を5mm厚の円盤状に切り出して2本のガイド穴を加工したことです。このアジャスターは上部についている3mmのネジを緩めて前後にスライドさせてバネの強さを調節することが出来ます。中点が安定しているので電極の間隙を小さく出来るので打鍵がソフトタッチで打ち易くなり音もかなり静かです。ダストカバーは太陽光線下では紫外線により端部が紫いろに見えます。動きがとても俊敏なので俊敏な動きで魚を捉える鳥の名前のカワセミ(Halcyon)と命名してあります。真鍮は酸化すると色が悪くなるので良く磨いてからプライマー処理をし、クリアーラッカーをかけてあるので美しい輝きが維持されます。

写真をクリックすると拡大されます。

Img_3257

Img_3255

Img_3254

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

古い自作のVFO)Very old VFO I made)

非常に古いVFO(Variable Frequency Oscillator)が納戸に保管してあったので電源を入れてみました。定電圧放電管(VR-150)がほのかな紫いろの光を発して放電し、発振管ように使った6AC7やバッファー用の6AG7も温まってきました。抵抗器が焼ける懐かしい匂いがします。発振周波数は3.5MHz(当時は3.5MC)です。受信機で3.5MHzと7MHzを受信したところ安定したビートが受信できます。QRHもほとんどなく安定しています。今からおよそ60年前に自作したVFOです。小遣いが乏しかったので部品の調達に苦労したのを覚えています。これで807シングル、ハイシング変調で、3.5MHzと7MHzで多くのハムたちとAM電波で交信しました。懐かしいナーー!

Img_3246

Img_3247

Img_3248

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

シングルレバーパドル「Soleil」通算製作番号No.1013号

精根込めた手作り電鍵「Soleil」通算製作番号No.1013号です。この電鍵「パドル」は私の製作している電鍵の中でも特にレバーがしなやかで打ち易く長時間の操作でも疲れにくい電鍵です。エレキーを介してシングルレバーパドルとして使うか、又は左右の電極を短絡して往復電鍵として使うことができます。レバーは10mmの四角棒ですが根元側から先端部にかけて徐々に1mm狭くなるように加工してあり、両側には0.3mmの焼き入れ鋼(板バネ)が付けてありレバーの中間部にあるアジャスターで押さえています。先端部のアースポストの太さは10mmφなので板バネがこのアースポストを抱きかかえることになりそのために中点の位置が非常に安定しています。板バネの先端部には0.4mm厚の燐青銅板が半田付けしてあり、左右の電極ネジの先端部は尖らせてあるので接触抵抗が安定しています。板バネによる接触なのでコツコツした感じではなくとてもソフトなタッチです。ベースは12mm厚のヘアーライン仕上げのステンレス鋼で厚みが12mm、幅が65mm、長さが100mmで重量が878gもあります。底面には摩擦係数が非常に高いシリコンゴム座を付けてあるので机上ではピタッと吸い付くように動きません、従って抑える必要がないので片手で運用ができます。
真鍮は酸化すると色が悪くなるので、先ず磨いてからプライマー処理を行いクリアーラッカーをかけてあるので真鍮の輝きが維持されます。
This is a single lever paddle named Soleil. This is the most soft touch feeling one among all keys I made. therefore it can be operated for long time without fatigue. There are two ways to use it one is a paddle using the electronic keyer and the other one is to operate as a swinger with the both terminals are short circuited. The lever is made of 10mm square bar but the top width is decreased to 9mm and sandwiched by two thin spring plate to hold the center earth post 10mm φ. the spring tension can be adjusted by the adjuster located in the center of the lever. Therefore the neutral position is very stable. On the top of the spring plate a 0.4mm thick phosphorous copper plate is soldered. This is why the operation touch is very soft. The top of both terminals are sharpened so that to reduce the contact resistance.
I used a stainless base plate which is 12mm thick 65mm width and 100mm length. The weight is 878g with silicon rubber seats.The key can be operated in one hand without holding it. All parts are painted with lacquer so that to prevent from rust.
上記のURLはこのパドルのデモ動画です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月23日 (金)

ストレート電鍵「Helios」通算製作番号 1009号が完成です。

精魂込めた手作り電鍵「縦振り電鍵」が完成です。Heliosと命名してあります。通算製作番号は1009号になりました。この電鍵は接点が前方にあり上側の接点は尖らせてあり下側(レバー側)は0.4mm厚の燐青銅板が付いています。打鍵音がとても静かです。台座は南洋産の硬くて比較的重い木材のパドックという気を使っています。真鍮は錆びると色が悪くなるので先ず磨いてから塗装の食いつきを良くするプライマー処理を行いその上にクリアーラッカーをかけてあるので真鍮の美しい輝きが維持されまます。バネは0.8mmのステンレスの針バネを使っています。1対3で構成されるCW(モールス信号)を正確に打つには大変良い電鍵です。

The straight key named Helios has completed with great effort by me.The serial number became 1009. The contact point is located on front side of the key and the upper contact point is sharpened. I used a 0.1mm thick phosphor blonze panel. Operating sound is very quiet. A very hard and heavy wood imported from south seas used for the basement. All brass parts are treated primary coating and painted clear lacquer to prevent from rust. Therefor the beautiful shiny surface will be kept for very long time. It would be very good for practicing mors code operation.

Img_3147

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

エレキ チェロの製作(Making an Electric Cello)

エレキチェロを作ってみました。共鳴箱を作ることは非常に大変なので基本的な弦の張りの寸法をチェロ(4/4)に合わせてフレームを作り弦を張っただけです。駒はまだ暫定的な物なので今後もう少し格好の良い駒を作ります。全体としてはまだ粗削りのままですが、これから塗装などをして仕上げて行きます。ピックアップは本来は振動センサーを使うべきですがとりあえずはコンデンサーマイクの手持ちがあるのでこれで代用です。テストした結果、チェロの低音の響きが出ました。

I tried to make an Electric Cello. As it is a very hard work to make a resonance box so I only make a flame work just same size with the 4/4 Cello string size. The bridge is a temporary one so I will make more good one soon.The whole structure is not refined yet.I will finish the flame with painting. I must use a vibration sensor but it is expensive then I used a condenser microphone instead of it. I tried to play and I realized that it could make a good low tone of the Cello sound.

Img_3138

Img_3139

» 続きを読む

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

作業台の修復(Restoration of an old work bench)

作業台「Work Bench」が古くなって天板が痛んできたので新しい天板に交換し、更に錆びたフレームを塗装しました。天板は普通の合板では柔らかいので高級な床板用の材料の12mm厚の板を二枚張り合わせて使いました。

I restored my old work bench. The table plate was greatly damaged so I replaced the panel with new plate. Usually the ply wood was used for the top plate however, the ply wood is rather soft and it will be soon damaged then I used a high quality floor panel because it is very hard. The panel is 12mm thick so I put two panels together to make it 24mm thick..

Img_3102

Img_3107

Img_3104

Img_3110

Img_20180312_152050_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

シングルレバーパドル「White Eagle」No.1007号が完成

シングルレバーパドル「White Eagle」通算製作番号No.1007号が完成しました。この電鍵は左右の電極を短絡すると往復電鍵として使用できます。レバーの先端をコイルバネで常に引っ張っているのでレバーの中点位置が安定しています。この電鍵は表現は良くないかも知れませんが、所謂「引っ叩き野郎用」として考案しました。大きな手首の振りで引っ叩くように打鍵します。もちろん小さな振幅で静かに打鍵することも出来ます。13mm厚の透明アクリル板に構築し、20mm厚のイタリア産高級大理石(ビアンコカララ9に搭載してあります。真鍮は酸化すると色が悪くなるので先ず磨いてから塗装の食いつきを良くするプライマー処理をしてからクラーラッカーをかけてあるので真鍮の美しい輝きが維持されます。ダストカバーが付いています。

A single lever paddle named 「White Eagle」 serial No.1007 has just completed. This paddle can be used as a side swinger when two terminals short circuited. The front end of the lever is pulled by a coil spring to keep the lever in neutral position therefore the neutral position is very stable. I designed this paddle to operate with full swing of wrist. I think it's not a good expression but I will say operating like as if slapping the paddle. And of course this can be operate very quietly. The paddle is mounted on a 12mm thick clear acrylic plate and a 20mm thick white marble stone is under it. I painted clear lacquer paint after shined the brass parts to prevent from rusting.

Img_3085

Img_3084_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

Blonde Jenny No.1006 号が完成しました。

IAMBIC型パドル「Blonde Jenny通算製作番号 No.1006号が完成しました。このパドルは幅10mmで高さが15mmという太目のレバーで構成されており左右のバネの調整が独立してできます。硬めのタッチで比較的ゆっくりした速度で打鍵するのに適しています。従ってCWをこれからマスターしようとする初心者の方には特にお勧めです。私のブログの表紙の写真もこのパドルです。大理石ベースでダストカバーが付いているとても豪華な電鍵です。

An IAMBIC type paddle named Blonde Jenny has completed. The serial number of this paddle is 1006. In this paddle two very thick levers are used 10mm width, 15mm height so the operating is rather heavy. Therefore it is good for practicing CW code for beginners in slower speed. Same photograph is used on the cover picture of my blog. It is a very luxurious one because a big marble stone used for the base and having a dust cover.

写真はストレートキー「Helios」と一緒に撮影しました。

Img_3081

Img_3083

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月27日 (火)

ストレートキー(Helios) No.1005号が完成

縦振り電鍵「ストレートキー」通算製作番号 No.1005号が完成しました。接点が前方にあって厚みが0.4mmの燐青銅板がレバーの先端についており上側の接点は尖らせてあります。バネは0.8mmのステンレス線ノバネを使っています。軸の部分は10φのベアリングをツk手6φの軸が貫通しています。打鍵音が非常に静かです。真鍮は酸化すると色が悪くなるので先ずピカピカに磨いてから塗装の食いつきが良くなるようにプライマー処理をしてからクリアーラッカーをかけてあります。台座は南洋産のパドックという硬くて比較的重たい木材を使っています。

A straight key [Helios]No.1005 has completed.The contact point is located at the top og the key. A 0.4mm thick phosphorus copper plate is fixed at the top of the lever and the upper contact shaft is sharpened. I used a 0.8mm stainless steel spring. I put two small bearings to support a shaft. Operating sound is very quiet. After I shined the brass parts I treated primary coating to make the lquer paint well fixed to prevebnt rusting the parts. The base wood is a hard and rather heavy one imported from the south seas.

Img_3074

Img_3072_2

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«アルトサックス2機種の比較(Comparison of two alt saxophones)