作業小屋の雨漏れ

最近、作業小屋で雨漏りが生じており、天井からポタポタのしずくが垂れてきて工作機械に落ちるので機械が錆びたり作業台が水に濡れて困るようになってきた。そこで今日は屋根材の隙間にコーキング材を塗布してみようかと思い、屋根に上がってコーキングを充填してみました。屋根材は砂粒のような物をアスファルトで固めたような物だけれども、それがどうも長い年月に強いに日光に曝されたために接着力が弱まって穴が開いている状況でした。従ってその下にある雨漏り防止用のルーフィングシート1枚だけで雨漏りを防いでいるだけの状況であることが判明しました。根本的に修理するには屋根材を交換するか又はこの上からトタン板を張るなどの方法をすることが必要のようです。先ずは次回の雨の日にコーキンフ材の効果を確認してみようと思います。

Img_5929 Img_5928 Img_5927

| | コメント (0)

2022年9月15日 (木)

標準的スタイルのストレートキーの製作

極く標準的なスタイルのストレートキーを作って見ました。台座はアフリカ産の赤味のパドックという木材で20mm厚、幅が58mm、長さが160mmです。しっかりとした作りなのでこのようなキーで初心者の方がCWを練習されるのには最適だと思います。通算製作番号No.1295号になります。

I made a very srandard tyle straight key. I used a red colored wood for the base named "Padock" imported from Africa. It has 20mm thick, 58mm width and 160mm length. I made this very securely so I think this kind of key is very good for the person who are just going to practice CW (CW stands for Continuous Wave which means Morse Code Signal Radio Wave). The serial number is No.1295. 

| | コメント (0)

2022年9月 4日 (日)

久しぶりのパドルの製作

久々に依頼があったのでIAMBIC型パドル「Glori-Ann」を製作しました。これは2枚のレバーのバネ圧をそれぞれ独立して調整が出来ます。普通は左右のバネ圧は同じでも全く問題は無いのですが中には親指と人指し指とでは指の圧力の差がある人が居られるようです。台座はイタリア産の高級大理石「ビアンコカララ」でその上に10mm厚の透明なアクリルに構築して搭載あしてあります。今回はFinger Plateをダストカバーと同じのガラス色にしたのでスッキリした感じになりました。これは通算製作番号がNo.1293号になります。間もなく定年を迎えられる方がお使いになる予定です。これで第2の人生を大いにエンジョイしていただけたら嬉しいですね。通信技術が飛躍的に進歩した現在の地球上でも、レトロなモールス信号による通信が最近は以前よりも繁栄してきているのが不思議です。ーー・・・ ・・・-- (73と言う符号で”さようなら”を意味します。

It has already past a long time since I made the IAMBIC Type Paddle. This time I enjoyed making the IAMBIC Paddle. It has two coil springs on each lever side as shown in the pictures to be able to adjust spring pressure independently for both levers. I think it is not necessary to adjust on both side however, a few people need to adjust it on both side because those persons have different finger pressure for thumb and index finger. The base is a marble stone named "BIANKOKARARA" imported from Italy. And I constructed the paddle mechanism on 10mm thick transparent aclrylic plate and mounted on the marble stone. I made the finger plates with a glass like acrylic plate same as the dust cover material so it looks very refleshed. The serial number is 1293. I was asked to make this one from a person who are going to retire soon. So I hope he will enjoy his second life after he retired. Now a days the communication technic has greatly advanced but why ? the Morse code communication are now very actively used around the world. It is incredible !  ーー・・・ ・・・ーー (This is a code to say 73 and which means Good bye) 

Img_5899 Img_5899_20220904140601 Img_5897 Img_5896

 

 

| | コメント (0)

2022年8月18日 (木)

サックス用スワブの製作 (Making a Swab for Saxophone)

サックスを始めた頃はサックスを吹き終わったあとで、管内の掃除にはスワブと言う道具(布製)を使うのだという事なのでYAMAHAで売られているスワブを使っていました。しかし、スワブ(Swab)って何だろうと思って調べたら、雑巾とかモップと言う事だったので、なーんだ!特別な物ではないんだという事が解ったので自作することにしました。前回は少し大きめの黄色い布を使って作ったのでテナーサックスなどにはちょうど良かったのですがアルト用としては大きかったようです。今回は少し大きめのハンカチーフを利用しました。紐は筒状になったものを使い先端部には錘として6mmφで長さが20mmの真鍮の丸棒を入れました。

紐は流用したものなので製作費はほぼゼロでした。ミシンを使って短時間で簡単にできます。

When I started Saxophone playing I was taught to crean the inside of the Sax after playing using so called "Swab".So I used a Swab sold at YAMAHA shop. But I realized that Swab is just a cloth to use clean the Sax. The Swab is "zoukin" in Japanese. So i decided to make the Swab by myself. First I used a big yellow colored cloth but it was good for tenor Sax but too big for the Alto Sax. This time I used a large Handkerchief. I used a tube type string or cord and put a 6mm φ 20mm long brass for the weight at the end of the string. those materials are all reused one so I don't need any expense just "Zero" en ¥. It was very easy to make because I used a sewing machine. 

| | コメント (0)

2022年8月11日 (木)

ラジコン飛行機

ある人から頂いた大型のラジコン飛行機です。サーボや送受信機が無いので飛ばすことは出来ません、このような大きな模型飛行機を飛ばすにはかなり広い場所が必要で、私の家の周りでは飛ばせませんし、音がうるさいという問題もあります。最近ではこのようなラジコンはドローンと同じ扱いで厳しい規制もあります。翼幅が1.6mで機体の長さは1.2mあります。永い間天井に吊るして飾ってありましたが邪魔になって来たので廃棄処分することにしました。

Many years ago my Ham Radio friend gave me this larg Radio Controlled Air Plane. But it has no radio controlle devices. Ther is no wide enough place to enjoy the plane so I didn't let it to fly. This kind of plane is very noisy due to the small engine with a little maffler. The wing length is 1.6m and the fuselarge is 1.2m long. I hunged up under the ceiling but recently I feel it is a kind of nuisance so I decidedt to slow it away !!   

Img_5820 Img_5818_20220811133401 Img_5821 Img_5822_20220811133501

| | コメント (2)

2022年8月 8日 (月)

機械式半自動電鍵(Bug Key)

ずいぶんとしばらくぶりのBrog 更新です。8月20日から21日に東京で3年ぶりにハムフェアー(アマチュア無線のフェスティバル)が開かれます。例年ではモールス通信用の電鍵(キー)を出品していましたが、今年はHAM-NETと言う無線のお店に委託販売をします。既に電鍵5台をそのお店に発送済ですが新たに新型の機械式半自動電鍵を7台製作したので近日中に発送します。この電鍵はモールス信号の短点の部分だけバネと錘の共振を利用して自動的に送出する装置でBug Keyと呼ばれています。これはアメリカのVibroprex社が最初に開発して売り出したときにそのロゴに虫(Bug)の絵が付いていたのでBug Keyと呼ばれるようになりました。錘の位置や重さを変更することで送信の速度を変更することが出来ます。このキーは製作も難しいのですが使用する時に最も適切な状態にするための各部の調整もかなり難しいキーなのでどちらかと言えばモールス通信の上級者向きのキーだと思います。

It has already passed long time since I posted to this blog. Now I 'll show you my home brewed bug Keys.
I already made more than 15 Bug Keys and now I can satisfy the bug key I made. This time I used a very hard wood material so called Zelkova tree for the base and I put a 12mm thick iron plate to make the key very heavy. I has 1.576kg weight. I used a silicon rubber tube to stop the pendulum. Another four keys with red colored finger plate are also the Bugs but those are made with inde pendent levers for dash signals. The white colored marble stone based keys are Single lever paddles with plastic dust cover. I think those keys are rather some what difficult to operate so I think these key would be for CW veterans.

Img_5813 Img_5812 Img_5811 Img_5811_20220808203001

| | コメント (0)

2022年6月 2日 (木)

幼かった頃の写真 その2

こんな写真も見つかりました。第2時世界大戦直後の日本では食糧難や住むところも無く大変な世の中でした。現在のウクライナよりも大変だったと思います。当時は何でも不足していました。この写真は小学校に入学した当時の写真で帽子、セーター、ズボン、カバン、足袋などすべてお袋が双子の我々に手作りしてくれた物です。当時は帽子に付ける記章などはもちろん無かったので金ボタンを代わりに付けてあります。履いている下駄は購入したようですが、足袋は二人分を作ってくれました。このころになると自分がどっちだか見わけが付きます。栄養が不十分だったためでしょうか、私の角膜が濁り始めていました。目がいつも痛かったので頭が傾いています。そうなんです、私は左側ですね。当時のお袋はかなり痩せていて皮膚は吹き出物がいっぱいでした、栄養の問題だったようです。軍隊から復員してきた親父は真っ黒に日焼けしていて一見して頑丈の様でしたが、実際は体がむくんでいたのです。内地に引き上げた時に地面にミカンの皮が落ちているのを見て安心したそうです、何故って?ミカンの皮でも捨てられていたからです。お袋や親父には苦労をかけました。今の自分があるのはそのおかげです。

I found this old photo. It was just after the WW2 we were very hard to find house to live in and the food was very much shorted. It was much more hard world than Uclaine now. Every thing is shorted then my mother made for us almost every thing we need to go to primary school suc as caps, sweters, trousers, bugs and Tabi (Japanese socks). At that time there were no badges to put it on the cap so my mother put a brass button to the cap instead of a badge. In this picture I can identify which one is me because at this time I had eye disease so I did have pain in my eyes always then my head was some what tilted. Yes I am the left one. My cornea were going to be muddy due to lack of nutrition. My mother was very skinny and her skin was tend to break out with many rashs. My father returned from the battle front (Ogasawara islands) and he was greatly suntaned and fat so we thought he was very healthy but it was not, he was just swollen due to lack of nutrition. He told us he was relieved when he found some skin of tangerine on the road,,, because he thought the skin of tangerine is eatable ! We have to thank to our mother and father !  




| | コメント (2)

2022年5月22日 (日)

私が小さかった頃の写真

こんな写真が見つかりました!何歳だったか解りませんが、、多分4歳くらいかな?1卵性の双子なので自分がどっちなのか解りません、、私が後から生まれたので当時では何故か私が兄なんです。弟も健在ですが弟も自分がどっちか解りません。当然親も良く間違えたと言っていました。おやつを2人分もらっちゃったり!風呂に2回も入れちゃったりしたこともあったそうです。既に我々は83歳になりました。今はもう間違えられることはないようです。

今は下の写真のような状態です。!!

I found a very old photographes it was taken probably when I was only four years old. We were born as amonovular twin that is why we are so much identical. I am the big brother because I was born after my brother it was so decided at that time. I can't distingush which one is me and also my brother can't. Even our parents sometimes mistook so one took buth two times or one took candy twice. We are already aged 83 now peoplr do not mistame me as my brother however, we are still very identical. 

 

| | コメント (0)

2022年4月23日 (土)

静かなBug Keyの製作 (Making a Quiet Type Bug Key)

静かに操作ができるBug Key を製作しました。一般的にBug Key の振り子の振動を瞬時に停止させるには振り子を錘に接触させて錘を少しだけ移動させることによって振り子の運動エネルギーを位置のエネルギー(ポテンシャル エネルギー)に変換することで振動を停止させますが、この方式だと錘にぶつける音がして操作が煩くなります。そこで錘を動かすのではなくシリコンゴムに接触させて止める方法を使いました。ゴムを変形させることで運動エネルギーが内部の粘性抵抗によって熱エネルギーに変換されます。この方法は静かなBug Keyになります。吸収されるエネルギーは小さいので振り子はなるべく軽くするためにアルミの丸棒を使いました。
下記のURLはこのBug Key ノ動画です。
I made a bug key again this is a very quiet type one. Usually the vibration device to make the dot signal is very noisy because the vibration is stopped by hitting a small weight which can observe the kinetic energy changing to potential energy by moving the weight to move slightly upper position which means the vibration energy (kinetic energy) changed to the potential energy. When the the weight of the vibration device (pendulum) is large the stopper weight should be large enough to observe the energy thus when I make a slow speed bug the pendulum weight must be large then the bug will be noisy. So this time I used a silicon rubber tube instead of the stopping weight. When the rubber tube deformed by kinetic energy the energy can be changed into heat energy due to the viscoelasticity of the silicon rubber tube. I think this is a very quiet device to stop the pendulum vibration. However, the pendulum must be very light because the observing energy is small.
I used a alminum rod to make it more light. Well this is very difficult to explain my opinion in English. My explanation is very redundant. I want to make the sentence more short, I hope you understand what I mean in my poor English expression.!!
I expect many opinions or comments !!
Img_5629

| | コメント (0)

2022年4月16日 (土)







 

 

 

 




| | コメント (0)

«Bug Key の製作(Making a Bug Key)