2018年10月27日 (土)

Heliosが2台完成

ストレート電鍵「Helios」が2台完成しました。そのうちの1台にはつまみも真鍮製に交換できるようにしてあります。

編集は明日!

Img_3545

Img_3547

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

食品サンプル作り

東京の合羽橋にある食品関係全般の道具街と言われている合羽橋で食品サンプル作りを体験してきました。これは日本独特の文化で外国人に人気があり今回は外国人を大勢連れて体験ツアーをを行いました。先ず、作り方の手本を見せてもらってから、ビニールのエプロンをかけて摂氏約41度のお湯に溶かした蝋を少しずつ垂らして行き油面に凹凸の膜が出来たらその上にあらかじめ用意したかぼちゃ、エビ、さつま芋などにそっくりに作った樹脂製の芯を置きくるっとまわしてから水に入れて冷やすと出来上がる、と言う簡単な物です。写真の天ぷら3種類が今回私が作った物です。外国人もみんな面白がってやっていました。

Our GTT (Good Time Trekkers) visited so called food utensil shopping street in Kappa-bashi Tokyo to have experience food sample making. This food sample is a Japanese unique culture and very popular among foreign people. We invited many American people and enjoyed it. Before making the sample we put on a vinyl apron in the food sample making shop. They(the staff ) prepared hot water heated to about 41 degree centigrade in a small tub and they showed us how to make the sample before we do. We had to drip melted paraffin slowly onto the hot water and then put a food shaped thing such as shrimp egg plant or sweet potatoes made of plastic on the dripped paraffin membrane and turn around it then put it into cold water. That is all. It is very easy. The picture of three Templa samples are all I made. The foreign people also enjoyed this experience. 

Img_0227_3

スタッフに教わっているところ。

Img_20181014_184503

出来上がった天ぷら2つとレタス

Img_20181014_143604

みんな真剣にでも楽しそうにやっています。

Img_20181014_123814

ケーキのサンプル、おいしそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

DIP METER 自作コイルの精度(The Accuracy of the coils)

LEADER電子のGrid Dip Meter LDM-810 の紛失したコイルを自作し、コイルのボビンを熱収縮チューブで保護したので最終的にダイアル目盛りと合うかどうかをカウンターを使って確認しました。元からあったコイルFの精度に比べて遜色のない精度です。コイルAの低い周波数では精度が悪いようですがこれはコイルの巻き方に問題がありガラ巻きに近いのでコイルの層間の浮遊容量(Stray Capacity)の影響と思われます。それ以外は実用性に問題はないようです。After I made the coils for the Leaders Dip Meter LDM-810 I put a heat shrinking tube around the coil bobbin. I examined the accuracy of the coils using a frequency counter. The counter shows very good results comparing with the dial scale(graduation). I think there is no inferiority comparing with the makers one. However, the lowest frequency shows somewhat wrong data of coil A. I think it is because of my coil winding manner was not good (rough winding) It resulted in some stray capacity and causes frequency get down.

コイルの精度データー

Img_20181007_091445

コイルFは自作ではなくLeader 電子の純正品です。

Img_20181007_085645

Img_20181007_085720

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

特注で製作した豪華なストレートキー(A Luxurious Straight Key)

極最近の事ですが、特別仕様の電鍵「ストレートキー」の製作依頼がありました。電鍵本体は台座も含めて全てが真鍮製のピカピカ、更にこれを飾っておくための飾りトレーとその上に透明アクリルでダストカバーをつけるという物です。真鍮の台座は20mm厚で80mm×170mmです。電鍵本体は「Helios」ですがバネは線バネではなくコイルバネに変更です。つまみやフィンガーレストは本来は指でつかむ部分なので普通は絶縁体で作りますがこれも全て真鍮製です。部品は先ず完成してから鏡面仕上げを行い、その上にクリアーなウレタン塗装にしました。ウレタンは塗膜強度があり、塗装面の艶も出易いのです。

飾りトレーは真鍮の電鍵に合うように赤味のあるアフリカンパドックという硬い木材にしました。これの中央部の電鍵が乗る部分を約10mmの深さでくぼみを掘り込みました。
トレーはクリアーラッカーの塗装をしてあります。重量は相当に重くなりました。しかし重量を測定するのを忘れて送ってしまいました。完成した姿はとても豪華な感じになりました。
送り先に重量の測定をお願いしたところ、電鍵本体が2.8Kgで飾りトレーも含めると4.5Kgの重量でした。大変どっしりとした重い電鍵です。
Recently I was asked to make a straight key in a very special specifications. The key must be made of all brass material including the knob and the finger rest yes, all shiny glitter one.Th ekey have to be hold on a tray with a transparent acrylic box.The key base is 20mm thick and 80mm width 170mm length. The key itself is {Helios」 type and the spring has changed to coil spring from the needle spring. Usually the knob should be made of insulated material but I made the knob using a brass. The all parts have to be polished before painting. This time I used a urethane clear paint because the paint film is very strong and easy to make a good surface quality.
I used an African Padock wood material for the tray because the color will be good matched with the brass yellow color. And I dig a 10mm shallow cavityfor the key place to put. I painted clear lacquer on the tray.The completed key became a very luxurious one.
It bacame very heavy but I forgot to measure the weight of it. The I aske to measure the weight to whom ordered the key and he told me the key is 2.5Kg and the total weight including the tray and acrylic box is 4.5Kg. It is a very massive one.

Img_20180930_094527

Img_20180930_094510

Img_20180930_094610

Img_20180930_094624

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

グリッドディップメーターのコイルの製作

LEADER 電子のグリッドディップメーター LDM-810を知人から頂いたのですが検出用の発振コイルが一番高い周波数用のFのコイルしかなく、あとは紛失したそうです。コイルが無いとこの測定器は何にもなりません。そこでコイルを(A、B,C,D,E)の5本のコイルを作ってみることにしました。ボビンは10φのFRP製の丸棒(中空)です。それを約70mmの長さに切り、ジュラコン(白)の丸棒の中心に10φの穴を開けその中にボビンを入れて接着しました。電極は2mmφの真鍮丸棒を25mmの長さに切り、FT-243用の水晶発振器のソケットの電極の間隔に合わせて2mmφの穴をドリルで開けて真鍮丸棒を圧入しました。ジュラコンは2mmで開けても弾性があり多少穴が小さくなるのでしっかりと圧入できました。コイルは先ず少し多めに目検討で巻いて発振周波数をカウンターで確認しながらディップメーターのダイアル目盛りに合うように巻き数を減らして行きピッタリと合わせました。後はコイルの周りに熱収縮チューブをかぶせて保護します。これは近日中に秋葉原に買いに行きます。かなり目盛りの精度は良くなり既存のメーカー製のディップメーターと目盛りの精度を比べましたが全く問題はありませんでした。

One of my friend gave me a Grid Dip Meter LDM-810 however, he lost detecting coils.He has only the highest frequency coil F. The Dip Meter does not work without the coils so Itried to make those coils of A,B,C,D,and E. I used a 10φ FRP pipe cutting it into 70mm length and inserted it into a plastic pipe in which I drilled 10φ hole with grew . I drilled two holes of 2mm to insert the terminal shaft. I used a brass Rod for this terminals .First I wind coil around the FRP pipe bit many winding and then reduced the number of winding to get the correct frequency on the dial graduation using a frequency counter.It was a very hard work as I need to do so many trial and cut to get the correct frequency. Finally I got a very good results with those 5 coils I made. I will put a heat shrinking tube over the FRP pipe to protect the coils. I have to go to Akihabara to buy it.

Img_20180918_201756

Img_20180918_201737

Img_20180918_201745

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

縦振り電鍵「Helios」のつまみを真鍮製にしてみました。

縦振り電鍵「Helios」のつまみは本来は黒伊色のジュラコン樹脂で作った物を取り付けていますが、今回は真鍮製のつまみと真鍮製のフィンガーレストを作ったので試しに取り付けてみました。外観は非常に重厚な感じになりました。台座も全て真鍮で作る計画があります。

全て真鍮製の電鍵はどのような感じになるでしょうか?完成が楽しみです。
Usually the finger knob for the straight key [Helios] was made of black colored plastic but this time I made a knob using brass within a finger lest also made of brass. I replaced these parts with the black plastic ones. The appearance became very luxurious. Now I am going to make a straight key made of all brass including the key base. I'm just expecting a very luxurious one !   

Img_20180817_083004

Img_20180817_083028

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

アコーディオンの修復 その2

中古のアコーディオンをまた手にいれました。見た目はとても綺麗なアコーディオンです。しかしながらベローズ(蛇腹)のコーナー部分の布が劣化して空気が洩ってしまう状態でした。

この不具合が全ての部分で生じているため蛇腹を操作しても音がとても小さくて演奏が出来ません。最初は蛇腹の内側から補修する予定でしたが、中は良く見えないので外側から補修するようにしました。なるべく柔らかくて薄い布でしかも空気が洩れない布を探しましたがなかなか適当な物がありません。物を包む時の飾りテープが薄くて柔らかく、生地の密度が詰まっているので空気が漏れにくいと思いこれを木工用のボンドでコーナーの漏れる部分に貼り付けました。しかし1か所ではそれほど空気は持っていませんが、この数が多いので全体としては漏れが大きくなってしまうようです。そこでこの部分にクリアーラッカーを吹き付けて布の折り目の隙間をふさぐようにしたところ効果があり何とか演奏は可能となりました。しかし、やっぱり漏れる感じがまだあります。何とかもう少し改善しないと、、、
I got an used accordion again. The appearance of this accordion is very beautiful however, the bellows are leaking. All corners of the bellows are almost leaking air then the sound of  it is very weak. First I intended to repair it from the inside of the bellows but it was very difficult to see the inside of it. So I repaired it from it's outside. I couldn't find a good material which does not leak air and very thin. Finally I selected a decoration tape for gift. I put this tape to all corner of the bellows using a wood craft bond. but air is still leaking because the repaired points are so many. One point of the repaired portion the leak is very small but air can leak from the great number of repaired portions. I put a clear lacquer paint on the portions to shut texture and I got a good result but it's not good enough. I think I need more good countermeasure.
英文というのは何故かどうしても長ったらしい文になってしまいます。Native の人ならもっと短縮できるのでしょうが、、、、   

Img_20180813_200233

Img_20180813_200247

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

究極のシングルレバーパドル(Prong horn)

究極のシングルレバーパドルがついに実現しました。中点位置が完全に安定しています。レバーの先端部を0.2mm厚の焼き入れ鋼で両側から挟んであり、この焼き入れ鋼(板バネ)は

前方にある中点位置ガイド板に取り付けてあるので確実にレバーを中点の位置に戻しています。反力はこのガイド板についているアジャスターを前後して調節ができます。レバー側の接点には0.4mm厚の燐青銅板が両側につけてあるので打鍵音がとても静かです。まだこの電鍵の名称は決まっていません。シングルレバーパドルの一番重要な中点位置の安定性が確保出来、打鍵音の静かさ、反力調整のし易さ、電鍵自体の重さなどすべてが満足した物となりました。究極の一台が完成です。改良前の電鍵と一緒に写真を撮りました。英文では既に書きましたが名称が決まりました。「Prong horn」です。(先のとがった角を持つトナカイや鹿の仲間)
上の写真の下側が改良型で写真2枚目は改良前の電鍵です。中点ガイドのバネが解るように載せました。The ultimate single lever paddle has finally completed.The midpoint of the lever is extremely stable because the top of the lever is held  by 0.2mm thick flat spring from the both side and the position of the spring are guided by a guide bar. This is why the midpoint is very stable. The spring tension can be adjusted by sliding the adjuster back and forth. Now I named this Key as Prong horn. This is a kind of deer but more bigger than it and the horn is very strong and sharp. The most important point of the single lever paddle stability of the midpoint and must be quiet, easy to adjust and also weight of the key. This is the ultimate key as the single lever paddle. 

Img_20180617_174200

Img_20180617_174236

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

アコーディオンのセグメントの補修

アコーディオンのセグメント(Steel製リードノ付いた発音部)を検査した結果逆止弁が写真のように変形して反り返っておりこのために弁のしまりが遅れるため音の立ち上がりが遅れていました。そこで書類ホルダーの塩ビのフィルムを細長く切ってこれを弁の上に張り合わせて反りを修正しました。その結果音の立ち上がりが良くなり綺麗に音が出るようになりました。

When I inspected the segments of the accordion I found some check valves were deformed and that causing to delay the sound. I used a thin film (document holder) to hold the valves in good shape as shown in the pictures. Now I can play the accordion with a very good sound.

Img_3326

変形した逆止弁(Deformed valves)

Img_3327

塩ビのフィルム(A thin film)

Img_3329_2

Img_3324

修正後(After the repair)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

アコーディオンのセグメント検査装置

アコーディオンの音の立ち上がりに遅れが生じるキーがあるのでこの原因を確認するため写真のような検査装置を作ってみました。空気の出る穴がセグメントと同じ間隔で2つあり中央のレバーを前方に押すと穴が1つになり個別に確認ができます。アコーディオンから外したセグメントを検査台に載せて右側のレバーで空気を送ります。空気は40φのアクリル丸棒の中にピストンを入れて送り込みます。確認した結果逆止弁が閉まるのが遅れることで立ち上がりが遅れることが確認できました。しかし空気の量がピストンでは不足のようで高音域のキーは十分な音が出ませんでした。やはりBellows(蛇腹)でないと不十分なようです。

I thought the sound will not start simultaneously with the key action. The sound will delay somewhat with some keys. I made an inspection device to check how the sound delay. There are two air flow holes as same shaped with the accordion segment and when I push the center lever one hole can be closed so that to check the one segment only. The air can be blown by pushing the piston rod located on the right side of the device. The cylinder is made of 40φ acrylic pipe. I found that the check valve installed in the segment have already very old then the valve material became warped that is why the valve didn't close simultaneously with the key action. I thought the air flow is not sufficient so I think I need a bellows instead of using the piston device.

Img_3304

Img_3303

Img_3302

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«アコーディオンの修復(Repairing an old Accordion)