2019年7月24日 (水)

中古アルトサックスのリペアー

Img_3855 Img_3854_20190724083601 Img_3853_20190724083501 Img_3852_20190724083601 Selectionという名称のアルトサックス(中古)をリペアーしました。楽器店ではリペアーすることを断られたそうです。調べてみるといくつかの問題点がありました。G,G#,F,F#,E,D,C,C#,B及びB♭などのタンポがトーンホールに密着せず、空気漏れがかなりありました。また、C#(下側)の針バネが弱くレバーをちょっと触っただけでも開いてしまう状態でした。針バネを調整して閉まりを強くし、各部のタンポを調整して空気漏れが無いようにしました。F,F#,Eなどのタンポはそれぞれが連動するようになっているので全部を同時に閉まるようにするのはかなり大変な作業です。オクターブキーのストロークが大きいのでコルクでちょうど良いストロークになるように調整しました。管体に少し出ていた錆は超微粒子コンパウンドで磨きました。この結果綺麗に音が出るようになり、問題なく演奏が出来るようになりました。タンポはパームキー付近の小さいタンポがかなり硬くなってきているようです。これは間もなく新品に交換したほうが良さそうです。

https://youtu.be/kd-CPqS5Uqg 

上記のURLをクリックするとリペアーしたサックスによる演奏「ムーンライトセレナーデ」を見ることが出来ます。

I repaired an old Saxophone named selection. The owner of this Sax ever asked to repair to an instrument shop but the shop didn't repair it because of the Sax has many troubles. It has many air leaking resulting by poor tanpo pad adjustment. G,G#,F,F#,E,D,C,B and B♭are all very poor conditions. A needle spring of C# key is very weak so it was not good to keep closing. i have adjusted all of those keys. The tone holes of F,F#and E are all in coupled mechanism therefore those keys must be adjusted evenly so it was a hard work for me. the stroke range of the Octave key was too big so I adjusted it by using a colk spacer. There were some rust around the body so i cleaned the rust using a very fine conpound. Resultantly the Sax became a very good to play with a good sound. Some tanpo pads around the palm key were already getting hard so those shoul be replaced with new one in near future. 

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

複式電鍵 「White Eagle」の改良型 An Improved Swinger 「White Eagle」

従来製作していた複式電[White Eagle」の接点を改良しました。以前は2mm厚の真鍮のレバーにそのまま先を尖らせたボルトを接点としていましたが打鍵時の音が大きく、またまた跳ね返りで反対側の接点にも接触することがあったので、0.4mm厚の燐青銅板をレバーの両側に付けました。これで打鍵音がとても静かになり操作性が向上しました。

I have improved contact points of my swinger named 「white Eagle」.Usually I used a 2mm thick brass plate of the lever as its contact point with two sharp pointed bolts on both side. But this time I put a 0.4mm thin phosphorus bronze plate on both side of the lever. Resultantly it became very quiet and good feeling when operating.

Img_3833 Img_3832 Img_3831 Img_3830

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

サックス愛好家のサックス成果発表会 クラシック演奏 A Classical music

https://youtu.be/PXQphmMq8rA

 

上記のURLをクリックしてください。

 

先日、サックス愛好家の日頃のサックス成果の発表会がありました。私はフォーレ作曲のクラシックで「パバーヌ」という曲を演奏しましたが、私はどうしても早く走って演奏してしまう癖があるので先生が譜面上を指さししてナビゲーションをしてくれました。6分という比較的長い曲でしたが何とか演奏できました。4小節に渡ってスラーの続くフレーズは息継ぎがとても大変でした。もう80歳なのでこれが限度でしょうか?!

We had a small Sax recital held by Amateur Sax players group few days ago. I played a classical music Pavane composed by Faure. I was always play very fast so my instructer helped me by navigating on the note paper pointing by her finger. It was rather a long play 6 minutes but I think I finished playing without any trouble however, it has some long slur notes so the breathing was very hard for me. I think it would be a good enough for me as I am aged already 80.!?

Img_3829

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

古いアルトサックスのリペアー(その9)

https://www.youtube.com/watch?v=whAmsGA-XDs

修復したアルトサックス(台湾製 Jupiter)の最終調整が完了し、大変演奏し易くなったので、ちょっと演奏してみました。淡谷のりこの有名な「別れのブルース」です。Youtubeからカラオケの音源を採録し、楽譜はそれに合うようにアルトサックスのE♭に移調しました。まだ十分な練習が出来ていません。

The repaired Alt Sax (Jupiter made in Taiwan) has finally fully adjusted and it became very easy to play. I just played a famous blues song "a parting bluse" (Wakare no buru-su) sang by Noriko awaya. I've down loaded it's Karaoke version from Youtube and I transposed it's score book into E♭for the Alt Saxophone. I have not practiced this song well ,yet.

Img_20190614_170811

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

古いアルトサックスのリペアー(その8)

https://www.youtube.com/watch?v=-ofyBms7q-Q

上記のURLを開くと錆錆のボロボロだったアルトサックスが復活して演奏が出来るようになった動画を見ることが出来ます。短い演奏です。エルビスプレスリーの「Can't help falling in love」のさわりの部分だけです。

You can listen to the sound of repared alt sax by opening the URL written above. It is  just a short play of 「can't help falling in love」the famous Elvis Presley's song.

Img_20190614_170800
















 

 

 

| | コメント (0)

古いアルトサックスのリペアー(その7)

分解し、洗浄、磨き、塗装などの一連の作業が終了したのでいよいよ組み立ての開始です。分解する前に写真を撮っておかなかったので部品の取り付け位置の確認が大変です。タンポは購入しておいたものは純正品ではないので一部にサイズが合わないのがあり、仕方なくタンポを開いてフェルトをちょうど良い大きさに切り再度皮を巻きなおして取り付けました。接着剤はシュラックの粉末状の物を使用しました。部品の取り付けは順番を間違えると取り付けが出来なくなり、その場合はまた、取り外して初めからやり直しです。

All parts removing,cleaning,polishing and painting has all done and I started assembling work. It was very difficult to set the parts on it's correct position because I forgot to take some photoes before to apart the parts. Few tampo pads didn't fit on this Sax so I open the pads to adjust the size cutting the felt. i used a powder type adhessive for the pads. The all parts must be assembled according to the assembling order however, I didn't know the procedure so it was very hard work for me as I have to apart the parts again and again to get the correct order for assembling.  

Img_20190614_082144

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

古いアルトサックスのリペアー(その6)

今日はようやくお天気が良くなったので屋外で塗装作業をしました。ウレタンクリアーは本来は綺麗な艶が出るのですが何となく梨地の肌になってしまいました。

It was very fine day today I've been waiting this beautiful weather for the Sax painting work. I expected a very luster surface after the urethane clear painting however, I couldn't have good result. The surface looks like some what flecked as if a pear.

Img_20190613_093323

Img_20190613_093259

| | コメント (2)

2019年6月11日 (火)

古いアルトサックスのリペアー(その5)

アルトサックス本体の磨き作業も完了しました。針バネは外すと後で合わせる作業が大変なので針バネは外さずにそのまま磨きました。従って何度も指先に針が突き刺さり苦労しました。洗剤で洗浄し乾燥したのでこれからシンナー洗浄をし、油分を完全に取り除いてからウレタンクリア塗装をします。

I have also completed polishing work for the alt saxophone main body. I thought it would be very difficult to adjust the needle springs so I didn't remove the needle springs therefore I often had paniful experiences when I was polishing it by my hand.!I washed and dried the body then I will panit it by clear urethane paint after I degreased it by washing thinner. 

Img_20190609_124416_1

Img_20190609_124347

| | コメント (0)

古いアルトサックスのリペアー7本目(その4)

アルトサックスの本体から全ての部品を取り外して磨き作業が終了しました。先ず塗料剥離剤を塗布し、塗膜を取り除いてから錆取り剤を塗布し、水洗いをしてから錆取りと磨きを行いました。細かい部分にはブラシや工具が入らないので先を尖らせた棒を使って磨きました。洗剤で洗ってから乾燥させ、シンナーで洗浄してからウレタンクリアー塗装をします。

I have removed all parts from the main body of the Sax and completed polishing work. First I put paint remover on the all parts and then I put rust remover. It was very difficult to clean some very small area so I used a top sharpened wood bar. I have to wash them and then dry before degreasing by thinner washing. After that I will paint them by clear urethane paint.  

Img_3816

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

ストレートキー(Sprout)のVer.UPが出来ました。

ストレートキー(Sprout)のバージョンUPが出来ました。台座の部分を段差付きから平坦な物にしました。更に軸部にはベアリングを採用しました。接点部分は0.4mm厚の燐青銅板と上部には先を尖らせたネジを使っています。打鍵音は大変静かでタッチはとても良いと思います。打鍵のフィーリングは人によって様々なので評価をしていただくのが楽しみです。今年のハムフェアーに出展の予定でこれは限定5台の予定です。このバージョンは既に投稿済ですが、これは3台目で目下のところ4台目、5台目を製作中です。

A new version of the straight key"Sprout" has completed. I changed the base wood from a two staged type into a flat one. And I used bearings in the pivot. The contact point is not changed using a 0.4mm thin phosphorus copper plate and a sharpened screw. Operation sound is very quiet and good feeling however, the feeling is very much depending on each persons individual feeling so I am just anticipating by the customers on 2019 Ham Fair held in Tokyo this year. I will make 5 keys of this version limiting only five keys. Now I'm making number four and five of this version. 

 

| | コメント (0)

«古いアルトサックスのリペアー7本目(その3)