« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月27日 (金)

アンテナアワー

このアンテナを建ててから既に40年以上が経過している。このアンテナを通じて世界中の多くのハム仲間と交信ができた。特にオーストラリアは時差があまり無いので交信がし易い。Victoria州のVK3AGT(Stan)やVK3AMN(Sandy)とは毎週土曜日には必ずQSO(交信)して15年くらいは続いたかな。Sandyは娘さんを連れて日本にも来てくれて、私も彼らの家に訪問することができた。日本では牛肉が高いからといってビフテキをご馳走してくれたが、これがなんとすごい大きなもので草履より大きく厚みもあって横にしても倒れないような肉だったなー!でも彼ら二人はすでに天国に行ってしまった。私も歳をとってきたので無線を楽しむことよりは最近はサキソフォンの演奏を楽しんでいる。このアンテナタワーもそろそろ降ろして台風などで心配しなくても済むようにする時期になって来たようだ。

Dc122402

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

往復(複式)電鍵専用機(White Eagle)

往復電鍵 White Eagle はパドルとしてエレキーを介しても使える構造にしてありましたが、往復電鍵として使う場合は左右の端子を短絡しなければなりません。往復電鍵を主として使っている人の場合はこれは面倒なことです。往復電鍵を使う方は往復電鍵の専用機にこだわるのだということをプロの通信士の方に教えていただきました。そこで写真のように離れた位置にあるアース端子(前方のバネを引っ張っているポスト)とは別に専用のアース端子を設け、左右の端子を短絡して往復電鍵専用機としました。接続線は当初は錫メッキ線でしたが見栄えが良くないので0.2mm厚の真鍮板にしました。バネを引くボルトの頭部も飾りナットでカバーし

003_2

非常に満足できる電鍵が出来上がりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

植物栽培用一定水位給水装置の製作

どのような植物でもそうだと思いますが、水の供給は非常に大事なことです。水を与え過ぎても良くないし不足してもダメージが大きくなります。植物が生育する自然環境においてはその場所に適応した品種が育ちます。砂漠のような乾燥地帯と湿潤な地帯では品種は大きく異なっています。本装置はフロートとそれに連結した弁によって給水タンクの水位レベルを常に一定に保つ装置で

003

植物に最適な状態での給水ができます。インテリアとしても見た目がきれいなように透明なアクリルの丸いタンクで製作しました。上部のタンクが水の供給タンクで下側のタンクが植物への給水源となっていてこの中にフロートと弁の機構があります。水位はフロートを上下させることで調節ができます。室内用の観賞植物などに適しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

バンクーバーの植物園の彫刻

昨年の夏にバンクーバーに住んでいる娘のところに10日ほど行って来ました。ちょうどその頃日本では猛暑や豪雨などで大変でしたがバンクーバーは爽やかな晴れで木陰ではとても涼しい感じでした。バンクーバーの植物園では沢山の種類の花や木々があり、彫刻展もやっていました。製作した人の話ではこれは膨大な労力を費やしてやっと出来上がったそうです。とても繊細な彫刻でこの写真では家内と何を話していたのかなーー!二人の孫も更に大きく育っていましたが日本語がどうもおかしくなって来ました。「帽子を着る、サングラスを着る、、など」英語を直訳しているからこうなっちゃうようです。今年は体調を整えてまたどこかに行けるようにしたい。

Dsc00638_0071

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »