« 植物栽培用一定水位給水装置の製作 | トップページ | アンテナアワー »

2012年1月12日 (木)

往復(複式)電鍵専用機(White Eagle)

往復電鍵 White Eagle はパドルとしてエレキーを介しても使える構造にしてありましたが、往復電鍵として使う場合は左右の端子を短絡しなければなりません。往復電鍵を主として使っている人の場合はこれは面倒なことです。往復電鍵を使う方は往復電鍵の専用機にこだわるのだということをプロの通信士の方に教えていただきました。そこで写真のように離れた位置にあるアース端子(前方のバネを引っ張っているポスト)とは別に専用のアース端子を設け、左右の端子を短絡して往復電鍵専用機としました。接続線は当初は錫メッキ線でしたが見栄えが良くないので0.2mm厚の真鍮板にしました。バネを引くボルトの頭部も飾りナットでカバーし

003_2

非常に満足できる電鍵が出来上がりました。

|

« 植物栽培用一定水位給水装置の製作 | トップページ | アンテナアワー »

趣味」カテゴリの記事

コメント

white eagle に興味があります.販売はするのですか。

投稿: bon | 2012年10月 7日 (日) 23時06分

コメントをいただきありがとうございます。各種の電鍵を製作し販売もしております。今年の東京でのハムフェアーでも好評でした。通算製作番号が666個になります。詳しくはメールでご連絡しますので下記にメールをください。ja1cqj@jarl.com

投稿: 井伊 勝行 | 2012年10月 8日 (月) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 往復(複式)電鍵専用機(White Eagle):

« 植物栽培用一定水位給水装置の製作 | トップページ | アンテナアワー »