« サックス用のストラップ改良型 | トップページ | FETによるバリキャップを使ったディップメーター »

2012年3月 1日 (木)

電界効果TRによるグリッドディップメーター

最近は残念なことに自作派のハムは減少傾向にあるようです。これは性能の非常に良い無線機や測定器が容易に入手できるようになったことと、回路が個別回路(ディスクリート)ではなくICが使われるようになったので個人ではなかなか手に負えないからでしょう。私のような老齢のハムは若いハングリーな時に欲しい物はほとんど手に入らず、もっぱら部品をかき集めてバラックのような無線機を作って異国のハムと交信を楽しんでいました。オンボロの送受信機(それでも懸命に製作した機械です)でCQを出し、初めてアメリカから応答があった時の電鍵のつまみを握る手の震えを今でも鮮明に記憶しています。あの頃にとってもに欲しかったグリッドディップメーター(共振周波数を測定する装置)を電界効果TR(FET)を使ってバリコンではなくバリキャップ(可変容量ダイオード)で共振回路を

006

構成して作ってみました。コイルは5つのバンドに分けA:1.2~2.8MHz B:2.6~6.1MHz C:5.6から12.8MHz D:12~27MHz E:26~62MHz にしました。周波数カウンター出力端子を設けダイアルの目盛を構成しました。電源は3端子レギュレーターで電圧が安定しているので目盛の誤差はほとんどありません。十分な実用範囲の精度になっています。何個も作ったのでどなたか必要な方に譲ろうかと考えています。(部品代程度で)!! 欲しい方ご連絡ください。尚、部品代は6000円以上はかかっていました。メーターだけでも2500円です。私が持っていても使わないので(別のが沢山あるので)2500円でOKです。作るのが趣味なので、、、!

|

« サックス用のストラップ改良型 | トップページ | FETによるバリキャップを使ったディップメーター »

趣味」カテゴリの記事

コメント

手作り電鍵の入札でディップメーターの事を知り大変興味を持ち、可能であればお譲り頂ければと思って書きました。ここに書くのが適当なのか分かりませんが、取り敢えず貴局に連絡が取れればと書き込みました。ご連絡を頂ければ幸いです。

投稿: Matrix | 2012年3月13日 (火) 21時42分

ディップメーターの件メールで返信したのですが届いたでしょうか?

投稿: 井伊 勝行 | 2012年3月15日 (木) 18時32分

ディップメーターの件。
 メーターありましたら、お譲りお願いします。私もメーターを作ったのですが、比較したいと思います。
 私事で、申し訳ありませんが、ホイップアンテナの共振周波数はどのように測るのでしょうか。その測定には、少しも成功していません。

投稿: | 2012年9月21日 (金) 11時57分

ディップメーターについてのコメントありがとうございます。すぐに返信のコメントを書いたのですが何故か掲載されていなかったようです。現在お譲り出来そうなのは2台あります。ホイップは何MHz用でしょうか?詳しくはメールにてご返事します。ja1cqj@jarl.com にメールをください。

投稿: 井伊 勝行 | 2012年9月24日 (月) 18時24分

はじめまして。昔、自作したのですが生前遺品整理のおりに捨てられてしまいました。FMラジオや2mバンドあたりまでのコイル自作は可能でしょうか?

投稿: ながれ星 | 2013年6月19日 (水) 04時45分

流れ星 様
コメントを頂きありがとうございます。
捨てられてしまったとは残念ですね!私も歳なのでそろそろ身辺整理の時期とは心得ていますがなかなかやめられません(^O^)。私の作ったディップメーターでは最高で185Mhzまで発振しました。コイルの長さは2cm以上のワンターンでかなり強く発振しています。バリキャップなので電源の電圧変動は絶対にNGです。そこで3端子レギュレーターで安定させて電池は高価になるのでACアダプターで供給し、周波数はダイアル以外にカウンター出力をつけて確認するようにしています。後で写真と回路図を送りましょうか?

投稿: 井伊勝行 | 2013年6月19日 (水) 09時32分

コメントをありがとうございます。やはりコイル次第で、ヘアピンコイルで185Mhzまでいけたようですね。トラ技やCQ誌の製作記事ではバリキャップを使ったものは記憶にありません。バリコンだと目盛は180度以下にですが、VRなら目盛が300度ほどのになるので分解能が上がります。市販で300度ほどのがありました。自作では変調を掛けたりマーカーを作ったりして工夫しながら目盛りを記入したのが懐かしいです。ぜひ写真と回路図をお願いします。

投稿: ながれ星 | 2013年6月19日 (水) 10時56分

井伊さま、回路図をありがとうございます。雑誌の投稿記事なんですね。雑誌は何でしょう?バリキャップでは周波数範囲がかなり狭いかと思いましたが2.3~2.4倍は取れているんですね。最近使った市販のメーカー不詳の安いVRで直線性の悪さや安定度に不安が残りました。VR選定の注意事項はありますか?

投稿: ながれ星 | 2013年6月19日 (水) 12時48分

グリッドデップメーターまだありますか?
あったら一台わけて欲しいのですが。

投稿: 原子 恒二 | 2015年10月22日 (木) 12時53分

原子 恒二 様

メールありがとうございます。数台作りましたが後二つほどあります。詳しく写真等を送りますのでメールをください。
ja1cqj@nifty.com

投稿: | 2015年10月22日 (木) 15時16分

ディップメーター ほしいのですが 一台製作していただけませんでしょうか。品物あればぜひ購入したいです。よろしくどうぞ

投稿: 井上 | 2016年2月23日 (火) 14時32分

井上様
コメントをありがとうございます。詳しくはメールでご連絡しますので下記アドレスにメールください。 ja1cqj@jarl.com

投稿: | 2016年2月23日 (火) 15時42分

ディップメーター欲しいのですが、一台製作して戴けないでしょうか。
また、メーター部分をデジタル表示させたいのですが、可能でしょうか。

投稿: 恵比寿の佐藤 | 2016年12月13日 (火) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電界効果TRによるグリッドディップメーター:

« サックス用のストラップ改良型 | トップページ | FETによるバリキャップを使ったディップメーター »