« FETによるバリキャップを使ったディップメーター | トップページ | 久しぶりの柏尾川堤での演奏(練習) »

2012年4月20日 (金)

インパクトドライバーの修理

木工作業で長い木ネジをねじ込む場合、通常の充電ドライバーはいくらフル充電していてもトルクが不足なので途中でネジが入って行かなくなります。そこでインパクトドライバーという工具を使うと楽にネジを打ち込むことができます。このドライバーは回転トルクをハンマーで叩くような機構でドリルビットを回転させるようになっているので回転力(トルク)が大変大きくなっているのでネジを締めこんでゆくのが大変楽にできます。今回は古いインパクトドライバーをもらったので、中を全部分解し、ケースは洗浄し、スイッチ部分も掃除してから組立直して完璧に修理が出来ました。トップのアルミケースもアクリル系のシルバー塗料を塗ったのでかなり綺麗になりました。内部のギヤーには新しいグリスをたっぷりと充填しておきましたので安心して使用できます。

001

|

« FETによるバリキャップを使ったディップメーター | トップページ | 久しぶりの柏尾川堤での演奏(練習) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

井伊OM今晩は、少しずつですが、往復電鍵「White Eagle」に慣れてきました。

自分も、過去に調子の悪い、電気ドライバーをバラシ、カーボンブラシを研磨して、フロントベアリング部に、モリブデングリスを注入をしたら、今までとは、別物のように元気になった事を覚えています。

車のタイヤ交換、(スノータイヤ)は、エアーインパクトドライバーを使用しています。

OMのインパクトドライバーの写真を見ると、まるで新品のように見えます。
PS、チヤック部分も黒に再塗装すれば、どうでしょうか? 失礼しました、ごめんなさい。

今後も、電鍵製作依頼の節は、宜しくお願い致します。

投稿: 山田重典 | 2012年4月20日 (金) 21時20分

山田重典 様
お久しぶりです、コメントをありがとうございました。道具は各種沢山ありますので、そろそろ置き場所がなくなってきました。今日は充電式ドライバーを4個処分します。交換用の電池が高いので新しいのを買う方が良さそうです。
タブつきNicd電池が打っていればいろいろと加工はできるのですが探してもみつからないですね。ご指摘のチャックの部分はあれから更に研磨したので今はピカピカ状態です。

投稿: 井伊 勝行 | 2012年4月21日 (土) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インパクトドライバーの修理:

« FETによるバリキャップを使ったディップメーター | トップページ | 久しぶりの柏尾川堤での演奏(練習) »