« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月18日 (水)

トランペットの新型ミュート(A new trumpet mute)

YAMAHAからトランペット用ミュート(消音器)の新しいタイプが発売されました。今までのミュートでは十分に音が小さくならず練習の場所を選ぶのが大変でしたが、この新しいミュートを付けるとささやき声のような小さな音になり通常の部屋での練習にも問題はありません。音がとても小さいので消音器の中にマイクロフォンが仕組まれており、これを増幅してイヤフォンで聴きながらの練習ができます。そうすると消音器を付けていないような感じで自分の演奏の音を聴くことができます。

004

003_2

001

Yamaha developed a new trumpet mute. this mute is able to reduce the sound very small as if whispering. Therefore I don't need to care practicing place. The sound is very small then a microphone is installed in the mute and I can listen the sound when playing. It sounds as if I am playing without any mute.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

荒城の月(Moon light over a devastated castle) Alt Sax

12月1日はYAMAHAの音楽教室のSAXの仲間25人ほどでコンサートを開催しました。私は仲間5人とのアンサンブル(Blue Bossa)の後で荒城の月をソロで演奏しました。曲目がみんながJAZZ系でしたが日本の名曲なので受けたようです。帽子に付けた月の方が受けていたのかもしれませんが、、、

Song of the moon light over a devastated castle

1. 春高楼の花の宴巡る盃かげさして千代の松が枝わけ出でし、昔の光いまいずこ

 

春には、もとここにあった城の中で、にぎやかな花見の宴がはられたにちがいない。
はずむ声、笑い、そして酒をくみかわす盃……。
そして、城壁の大きな松の枝あいからは、月の光がさしこんでいたに違いない……。
そんな、昔の面影はどこへいったのだろうか。

There once was a splendid castle. In spring, there must have had festive cherry viewing banquets with cheerful voice, clinks of Sake cups and laughter.

You must have also seen beautiful moonlight through the old pine trees alongside the castle wall.

Where have all those days gone

2. 秋陣営の霜の色鳴きゆく雁の数見せて植うる剣に照りそいし昔の光いまいずこ

霜の降りる秋には、戦いにそなえて、陣営の中は、ぴーんと張りつめた雰囲気であったろう。
その空には、渡る雁の姿も見えていて……鎧に身をかためた武士たちの、槍や刀 をそっと照らしていた、あの昔の光は、どこにいってしまったのだろうか。

In Autumn, outside the encampment was covered with frost.Inside the castle, worriers were in a tense mood waiting for the forthcoming battle. Even on that day, a numerous cackling wild geese were flying in the sky.

The moonlight shone softly on their swords, spears and armors. Where have that old-day’s lights gone?

(This English explanation was written by one of my GTT member)

The Youtube URL is below

https://www.youtube.com/watch?v=33SXS2zKGSo&feature=youtu.be

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »