« アクリル板折り曲げ器の製作(Making an Acrilic Plate Bender) | トップページ | トロンボーン(Trombone) »

2014年4月23日 (水)

縦振り電鍵「Saxophone」試作品 通算製作番号 731号

縦振り電鍵「Saxophone」試作品 通算製作番号 No.731が完成しました。非常にシンプルな機構で電鍵本体はM4のネジ1本で台座に固定されているだけです。バネはステンレスの棒バネ0.8φです。配線は台座の底面に3mm幅で深さも3mmの溝を掘って埋め込んであります。押し圧は適度な200gになるように調節してあるのでバネの調整機構はありません。
どうしてもバネ圧を変更したい場合はバネの太さの変更をすればOKです。Saxophoneと命名したのはバネの機構をSAXのトーンキーのバネの機構をヒントにして製作したからです。この電鍵は今年のハムフェアーでの自作品コンテストに応募する予定です。

Img_0209

Img_0211

A vertical swinging (hitting) CW key has completed. The serial number is 731. This is constructed on a acrilic plate and fixed with only one M4 svrew. Design is very simple, this time I used a very thin stainless straight rod type spring instead of the usual coil spring.
The spring is only 0.8mm diameter I dig a 3mm small ditch for electlic wiring under the 10mm thick transparent acrilic plate. The push down force of the lever is adjusted about 200g as it is the best force for operation of the key. The spring force should be adjusted by replacing another thickness spring because this key has no adjusting mecahnism due to make it the to be very simple. This idea flashed into my mind when I saw a saxophone's tone key spring mechanism. This is the reason why I named this key as [Saxophone]. I entry to the Hand Made Goods Contest in Ham Fair held by JARL(Japan Amateur Radio League) in this summer with this hand made (home brew) key.

|

« アクリル板折り曲げ器の製作(Making an Acrilic Plate Bender) | トップページ | トロンボーン(Trombone) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

今日はFBな電鍵の写真拝見させて頂きありがとうございました。
拝見して「1台欲しいな」と直ぐさま思った次第です。
また、ちょくちょくとお邪魔させて頂きますので
宜しくお願い致します。
 de JL1PEM

投稿: kinkin | 2014年4月27日 (日) 19時45分

コメントをいただきありがとうございます。今年のハムフェアー自作品コンテストは規定部門でCW関連がテーマなので2種類ほど出す予定です。D51のブログも拝見させていただきました。芸が実に細かいですねーー!!

投稿: | 2014年4月27日 (日) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縦振り電鍵「Saxophone」試作品 通算製作番号 731号:

« アクリル板折り曲げ器の製作(Making an Acrilic Plate Bender) | トップページ | トロンボーン(Trombone) »