« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

水平回転式バイスへの改造(Remodeling a Vice to be a horizontally rotating type)

フライス盤で使っているバイスは固定式なので斜め方向の加工が出来ません。そこでバイスを水平方向で回転出来るように改造しました。先ず5mm厚の鉄板をバンドソーで切断し、バイスの底面に皿ネジで固定します。さらにバイスを回転させる中心部に8.5φの穴を開けます。フライス盤のX-Yテーブルの中心部に8.0φの芋ネジを固定して、ここにバイスの8.5φの穴をかぶせるように載せます。これで回転ができるのでバイスを必要な角度に回転させてから5mm厚のベース板をTナットとボルトで固定します。

Img_04105mmの板を切断。

Img_0412T溝の逃げ穴(長穴)の加工。

Img_0414_2取り付け用の皿穴加工。

Img_0415

水平方向回転バイスが完成。

I remodeled my Vice to be a rotating type. First I cut a 5mm thick iron plate by a band saw. And I set this plate under the Vice with flat topped screws. I made a 8.5mm φ hole under the rotating center of the bottom plate. I installed a 8mm φ screw in the center of X-Y tabel so that the Vice can rotate around this screw. After I adjusted the angle of the Vice the Vice can be securely settled by T nuts on the X-Y table shown as above.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デイケアーセンター「風館」での慰問演奏

アマチュア無線の仲間が介護施設「デイケアー風館」で慰問演奏をボランティヤーでやっています。一緒にやらないかと誘われて、下手でもいいのか?と言ったら構わないからやってみないかと言われその気になって演奏しました。準備不足で全てアカペラでの演奏です。他にみかんの花咲く丘、十五夜お月さん、月の砂漠、庭の千草、花かげ、かえり船などお年寄り向けの曲を選んで演奏しました。緊張してミスが続出でしたが一緒に歌ったりして楽しんでいただけたようです。他にMusical saw でノッコちゃんにアメイジンググレースなどを演奏していただき、南田是和さんには口笛装置?で水色のハンカチも合奏していただきました。

My Ham Radio fried asked me to play SAX in a day care center. I told him is it OK even my play is very poor ? And he said it's OK. Then I decided to play witj him. It was my first time to play SAX in front of senior (old) people. I was so nervous then i made many mistakes but I could enjoyed very much because the people sang some songs following to my play. A lady bamed Nokko-chan played Amazing grace by a musical saw. The tone was very beautiful.

https://www.youtube.com/watch?v=dW9E9lthLUQ

https://www.youtube.com/watch?v=qPqhlZudz9s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

半自動電鍵(Bug Key)が完成!(At last a Bug Key completed)

Img_0395

Img_0397

かねてから試作実験を重ねていた半自動電鍵(通称Bug Key)が完成しました。比較的小型で部品点数も少なく一応は実用域に達したもではないかと思います。まだ錘のストッパーの動作が不十分なので改良の余地はあると思います。

下記のURLはYoutubeの動画です。Click the URL written below.

https://www.youtube.com/watch?v=dKfq9xe8GKE&feature=youtu.be

I have been making a semi-automatic keyer so called Bug Key. And I at last succeeded to make a Bug Key for practical use. The construction is very simple and the number of the parts is very few. I think I need some more improvements for vibrating weight stopper but it is very good for the practical use.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

雑音で演奏が出来るか?(Is it possible to play music by noise ?)

かねてからSAXの管体共鳴の実験をしていました。純音(正弦波)を使うとかなりシャープなピークになる周波数が出てきますが、音階の周波数とはうまく合いません。トランペットの場合は音階の周波数にかなり近いデーターが得られました。SAXの場合は両手でキーを押さないと出来ないので片手で出来る高音部のキーしかやっていないので結果がうまく出ないようです。2人係りでやれば良いのですが、、、そこで純音ではなく多くの周波数成分が均一に含まれているホワイトノイズを入れてやってみました。ホワイトノイズトしては取り敢えずFMラヂオの放送の無い周波数のザーーというノイズを使ってみました。これはかなりホワイトノイズに近いものです。これで夕焼け小焼けなどを演奏してみました。ザーーーというノイズの中に微かにそれらしき局が聞こえてきました。これでSAXの各トーンレバーにおける管体の共鳴があることが証明できました。SAXの音程に適合したホワイトノイズを使えばもっと明確に聞こえるようになると思います。

雑音音楽は微かなものです。注意深く聞いて見てください Listen very very carefully.

「26.7.8.mp3」をダウンロード

Img_0374_1

Img_0377_1

Is it possible to play SAX by noise ?I have been doing an experiment to know how the SAX resonate in the instrument. I used sine wave ( pure tone) to find out the resonant frequencies however I have to use both hands to operate the tone levers then I could only done high tones of A,B,C,D because those can be done by right hand only. I need one more person to help my experiment. A Trumpet can operate by one hand then I found so many resonant frequencies just same as the musical interval tones. Then I used " white noise" instead because the white noise includes so many noise component frequencies and they are almost same powers I mean flat in wide range. I put the white noise which was taken from the FM radio's no bload cast frequency sounds like "ZA-----"by small speaker into the SAX and played "yuuyake koyake" .I just realized I can listen the merody of "Yuyake Koyake" among the ZA----- noise.!! I foud the SAX can resonate on each tone lever position. This music must be listened very very carefully because the music is very weak and buried under the great ZA--- noise. I think if I use more good noise cantainig the frequencies of the SAX's range the music can be listened in more clear condition.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

豹が動く静止画?(静止画なのに動くんです)!

東急ハンズで面白い物があったので買ってきました。見る角度によって絵が変わるので絵の角度を動かすと動いているように見えます。今は手動ですがこれをモーターで駆動して動く装置をつくろうと思います。

Please click the URL written below.

https://www.youtube.com/watch?v=qRH-k2NW_bc

次のURLはモーター駆動にしたものです。The next URL is the movie of motor driven holography.

https://www.youtube.com/watch?v=jGoOlEZX7us&feature=youtu.be

I found a very interesiting thing in Tokyu Hands Store. The leopard is written on the card but the shape of the leopard changes depending on the viewing angle. I moved the angles of the card then the leopard runs on the card. I will make card moving device using a little motor.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

Bug Key の試作その2(Trial of a bug key the second time)

以前に試作しておいたBug Key を少し改良してみました。短点の接点は硬い物同士の接触だと弾んでしまって短点が極端に短くなってしまうので薄い真鍮板でクッションの効果をもたせました。これにより短点の接点が接触している時間がある程度維持されるのでちょうど良い長さになりました。錘の付いている平バネ(燐青銅板)は先端部にストッパーを設けました。これで錘の振動は一瞬で停止します。長点用の接点はやはり独立した機構にしないとうまく動作させるのは難しいようです。これでかなりKnow How が解ったので次回からの製作はもう少し良い物ができるでしょう。

 

https://www.youtube.com/watch?v=Vz0ALDBZB64&feature=youtu.be

This time I remodeled a bug key which I made before. The dot signal was too short because the contact points bounced between the hard contact points then I installed a very thin brass plate to have  spring or I should say a cushioning effect to avoid from bouncing the contact points. And I also installed a stopper post for the dot spring plate which has a weight on it then the dot vinration will stop suddenly when touched on the stopper.Now the dot signal became very good however, the dash signal is not good enough so I must make an individual dash lever mechanism. I did have good know how in this remodeling work so I think I would be able to make more good bug key next time.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »