« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月25日 (月)

特殊な構造の電鍵(an unique morse key)

8月23日と24日の2日間は東京のビッグサイトで恒例のハムフェアーが開催され、私も各種の電鍵や周辺装置を出品しました。和文電信愛好会のブースで面白い構造の電鍵をみました。JA0PX 斎藤さんが考案されたもので それをJH6OIT 今瀬さんが製作されたものです。回転式複式電鍵というもので1本の軸がベアリングで支持されて、軸にはレバーと接点用のバーが付いています。私もたまには変わり型を作りたいと考えていたのでアイデアを使わせていただくことになりました。勿論、単なる真似ではなく自分なりのアイデアも盛り込んで製作するようにしたいと思います。

Img_0464

続きを読む "特殊な構造の電鍵(an unique morse key)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

羽のない扇風機(An electric fan with no propeller type fan)

最近、発売されている羽のない扇風機に興味をもっていました。羽が無いのにどうやって風が吹き出てくるのか?何か特殊な方法で空間に旋風を起こす機能があるのだろうと考えていたのです。空気を動かすのだから静電気?それとも磁力線、、、そんなはずはないなーー
というわけで、試しに1台小型で細形の場所をとらない物を購入しました。早速取扱い説明書を見てみたら、、、、なーーーんだ!つまんないの! 本体下部に小型のモーター駆動の羽が回って空気を吸い込んで外枠の空気を導く枠に送り込んでいるだけだ。枠には空気の出口が偏向板になっていて吹き出る空気は前方に出すようになっている。どんな物かとワクワクしていた期待が裏切られた感じだけれど、まあこれはうまく考えた物だと感心しました。これは内部にセラミックヒーターも付いているので冬は暖房にも使えます。

Img_0451

続きを読む "羽のない扇風機(An electric fan with no propeller type fan)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

キッチンのリフォーム(Remodelling of Kitchen)

我が家のキッチンは20年以上も経過し、ガスコンロやレンジフードがと汚れてきたので最新のIHクッキングヒーターとレンジフードに改装しました。火力も強く、自動化されているので料理がし易くなったと思います。特にレンジフードはクッキングヒーターと連動して排気の強さも自動化されています。何よりも油汚れが付きにくくしかも清掃が楽なのがとても良いと感じています.

Img_0448_5

Img_0442_2
My house was built more than 20 years ago then the gas kooker and the range ventilation fan are already very dirty with greasy accumulation. I remodeled the kitchen room with a new IH kooking heater and a automatically controlled ventilation system. The range surface is very flat and the ventilation system is very easy to clean it.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

西日よけの作成(A shade for afternoon Sun.)

夏には強烈な西日が居間に差込みます。日よけはつけてあるのですが南向きなので西日には効果がありません。そこで西側に折りたたみのできるShade を製作しました。これで西日はかなり緩和されました。

Img_0434西側がぽっかりと空いている。

Img_0433三角形のSHADEをつけた。

In Summer Season we have a very strong afternoon Sun everyday into our living room. Thers is a Sun Shade on the south side window but the western direction is opened as shown in the picture. I made an arc shaped holdable shade.Now we would have an effective shadow even in the afternoon.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミュージカルソーの試作 (Trial of a Musical Saw)

最近、ミュージカルソーと言われる西洋鋸を使った音楽の演奏ができることを知ったので作ってみようかと思いました。パソコンラック用の棚板(鉄板)があったので、それを切断して鋸の形にしてグリップも付けてみました。バイオリンの弓でこすってみたら音が出ましたが、まだ音楽を演奏することはできません。練習しているうちに少しづつ音が出るようになってくるようです。

Img_0431

Recently I am so interested in the musical saw. I tried to make a musical saw. I used a shelf plate for a computer which is unnecessary for my computer. I cut the plate and made a saw like shape and put a grip. I played the saw using a violin bow. I could make a sound but the sound is not good. I would be to due to the plate is a soft iron. I can gradually make good sounds according to practice.

続きを読む "ミュージカルソーの試作 (Trial of a Musical Saw)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

Key Board

昨日はBlue Birds というKey Board で音楽活動をしているグループに誘われてSAXとの共演の練習に行ってきました。Key Board が二人、Musical Saw と SAXがそれぞれ一人づつという変わった組み合わせです。Key Board というのは便利な電子楽器でSAXのような移調楽器でも面倒な譜面の移調などをする必要はなく、Key Board で音程を調節することで同じ譜面で演奏しても音程が合うようにできるのだ。そういえば家にも長い間Key Boardを仕舞ってある。早速出して電源を入れたらまだ動作するようだ。これからのSAXの練習に役立ちそうです。

Img_0428

Img_0430

I was invited to enjoy practicing music with a group named "The Blue Birds". We enjoyed playing many musics of mostly famous songs those are very familiar for old people. And I just realized that the Key Board is a very convenient instrument because it can easily tune the tone to transpose to any kind of musical instruments. That's means it is unnecesary to do transposing work of the musical notes. Ans also it can make many kind of risms. In my home I have been keeping a Key Board for more than 6 years in a storage room. I inspected this Key Board and it is still working quite well. So I can practice SAX with this Key Board from now on.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

庭に小さな物置を設置(A small storage)

玄関には色々な物(花鋏、殺虫剤、植物栄養剤など)が置いてあって狭いので庭に小型の物置を設置しました。先ず庭を整地し、ブロックの水平出し、床板の設置、側板、背面板、屋根の取り付け、最後に全体の水平出しと扉の建付調整をして完成です。業者は組立は30分程度で出来ますと言っていたが約2時間もかかった。これは組立説明書の書き方に問題があるように思える。数種類の型式の物置の組立説明書を一冊で済ませるようにしてあるので分かりにくいようです。水準器はおもちゃみたいな物でしたので、自分の持っているもっと精度の高い水準器を使いました。

Img_0416

Img_0417

続きを読む "庭に小さな物置を設置(A small storage)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6角レンチ(A Hexagonal Wrench)

M10の6角穴付きボルトを使う予定でいましたが、秋葉原の工具屋で買おうとしたらやたらと高価でした。同じ程度の価格で10本程度の組みレンチも売っていました。組みレンチは沢山あるのでM10用のレンチ(対辺が8mm)が1本あれば良いのです。そこで購入するのはやめて自作することにしました。対辺が10mmの6角棒があったのでその先端部を15mm程度フライスで切削して対辺を8mmにして、それにハンドルを取り付けました。これで十分にレンチとしての機能が発揮できます。ジャンク部材の使用でわずかな電気代だけで完成しました。見た目はあまり格好が良くありませんが自分で使う工具なので十分です。

Img_0422

続きを読む "6角レンチ(A Hexagonal Wrench)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »