« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

SAXを吹く時に下唇が痛くなるのを防ぐ方法

私の下側の前歯はかなり鋭いのでマウスピースを加えて練習するときにどうしても下唇がMPと歯の間に挟まれて痛くなってしまいます。これは吹く時にリードをMPの開口部に押しつける必要があるためです。そこで試しに輪ゴムをグルグルと巻いてみました。するとどうでしょう!何と軽く下唇を当てるだけで音が良く出るではありませんか。それに音のバラツキがなくなり全体に安定しました。オクターブ上のDがいつもひっくり返る傾向があったのがピタッと出なくなりました。輪ゴムでは恰好が悪いので2mm厚のシリコンゴムを切り抜いてMPにかぶせました。これで輪ゴムと同じ効果が得られました。ある人から聞いたのですがプロのSAX奏者でもリガチャーの代わりに輪ゴムを巻いて吹く人が居るそうです。これって、邪道なのかな?

Img_0907

When I practice Saxophone I always feel pain on my lower lip. It is because my front lower teeth are very sharp then the lower lip are squeesed between Mouse Piece and the sharp teeth as I have to push lead onto the Mouse Piece open place.I tried to wind a rubber band on the neck of the lead and I found it is very good to reduce the pain and it makes stable sound and very easy to play. Looks of the rubber band is not good so I made a 2mm thick silicon rubber ring as shown in the picture. It is also very good to paly !! I think it is what a good idea.!! 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

多機能エレキーの製作(Making a Multi-Purpose Ele-Key)

色々と多機能なエレキーを製作しました。PICのソフトはJK1XKPさんが開発したもので使用許諾を得て使わせてもらいました。エレキーの他にバグキーの機能があり、また複式電鍵の特有なネバリのある符号を整形して綺麗な符号にすることが出来ます。メモリーは1チャンネルですが何回も上書きして使うことができます。電源は単3電池3本です。電源パイロットランプとしてLEDを使ってありますが、LEDが無い場合は暗電流が非常に少ないので電源スイッチを付けなくてもOKです。スピーカーのモニター音量はトリマーVRで調節できます

Img_0881_1写真をクリックすると拡大されます

http://youtu.be/JaBBvis2nLc

上記のURLはYoutubeに投稿したデモ用の動画です。(You can see a demonstration movie by clicking the URL shown above.)

I made a multi-purpose electronic keyer. The soft ware for PIC IC was developed by JK1XKP and he allowed me to use this soft ware. This keyer can not only for paddle but also available to use side swinger and vertical swinger. When we use the side swinger the morse code cntains some stikky code elements that is not god read the signal. In this keyer the stikky signal can be cleared by CR time constant and the signal will be very clear to read. The monitor sound level can be adjusted by a trimmer VR in the circuit.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »