« 作業小屋の塗装(Painting of my work shop) | トップページ | サックスのトーンレバー抑えピンチの試作 »

2015年10月 5日 (月)

ストレートキーの台座を変更(Changing of the pedestal of my straight key)

ストレートキー「Aphrodite」の台座は今までは檜を使っていましたがどうしても木が柔らかくしかも木目が均一でないと逆目の場合は木肌が荒れて仕上がりが悪く、また、ニスもうまく塗れませんでした。そこでケヤキ材に変更した結果、非常にきれいに仕上がるようになりました。木の色も檜と違って濃い色なのでニスを塗る必要が無く、艶出しのためクリアーラッカーをかけるだけでとても良い感じになりました。

Img_1271

Img_1268

Img_1269Click to enlarge the photoes.

I have been using Japanese cypress (Hinoki) for the pedestal of my straight key. However, the wood is very soft and when the grain is not even or irregular the surface finishing is very difficult and painting is also difficult. then I used a zelkova tree (Keyaki) as it is a hard wood and grain is well arranged. Surface finishing is very easy and I only need to paint clear lacquer on the zelkova pedestal. Now the fonished surface looks very beautiful.

 

 

.

|

« 作業小屋の塗装(Painting of my work shop) | トップページ | サックスのトーンレバー抑えピンチの試作 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストレートキーの台座を変更(Changing of the pedestal of my straight key):

« 作業小屋の塗装(Painting of my work shop) | トップページ | サックスのトーンレバー抑えピンチの試作 »