« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

SAXリペアー進行状況その5(Report of SAX repair No.5)

新しいタンポを注文してありますがまだ入荷していません。そこでネックコルクの巻き替えをしました。先ず古いコルクをカッターで剥ぎ取りその跡をアセトンで清掃しました。1mm厚のコルク板にG17のボンドを塗り、ネック側にも同じように塗って約10分乾燥させてから張り合わせました。接続部分をカミソリで斜めにカットしたあと、サンドペーパーで所定の厚みまで擦り落としてマウスピースがちょうど良く納まるようにしました。ネックコルクの巻き替えは以外に簡単だと思いました。

Img_1424
コルク交換前のネック(Neck colk before renewered)

Img_1425コルクを取り除いた状態 (After colk removed)

Img_1426
G17ボンド乾燥中(G17 bond drying)

Img_1428_1
新しくなったネックコルク(New neck colk)7

I already ordered new tone hole pads but not I received them yet so I replaced the neck colk. First I removed the damaged colk and cleaned the neck pipe. I used a knife to peel off the colk and cut the think colk plate by a sharp rasor to meke the edge sloped so that to fit each edge smoothly. I used G-17 bond as it was recommended by YAMAHA's staff.
I thought it was quite easy to replece the neck colk.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日)

SAXリペアー進行状況その4(Report of SAX repair No.4)

錆取りとクリーニングがほぼ終了しました。細かい部分の錆取りはやはり錆取りの薬剤を使用したことで錆取りが楽になりました。これから更に磨き上げて、表面を塗装の食いつきを良くするためにプライマー処理を行い、その後でクリアーラッカーで仕上げます。従ってかなり艶が出て綺麗になります。

Img_1415

Img_1416

The rust removement and cleaning has almost done. To remove the rust on small portions were rather difficult but it was very good to use the rust remover chemical because the chemical was well penetrate into small rusty portion and it makes easy to remove the rust. I will do shining work more and primary treatement so that to keep good adhesion of paint. After primary treatement I will paint clear laquer on it to have more shiny surface of this alto saxophone.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月17日 (火)

SAXリペアー進行状況その3(Report of SAX repair No.3)

今日はメインボディーをばらしました。トーンレバーの錆取りは後にして先ずベルを綺麗にしてみようと思いました。錆がひどくどうしても満足の出来る状態にはなりません。錆取りの薬剤を注文しておきましたのでこれが届いたら本格的にきれいに磨き上げようと思います。

Img_1403

Img_1405

Img_1404

Today I took the main body apart into two and I cleaned the Bell portion. However, the the rust is so heavy and it was very difficult to make it a shiny body. Then I ordered a chemical to remove the heavy rust. I think it would be rather easy to make the Bell more shiny.

続きを読む "SAXリペアー進行状況その3(Report of SAX repair No.3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月16日 (月)

SAXリペアー進行状況その2(Report of SAX repair No.2)

オンボロ赤錆SAXの修復作業は2日目です。今日はネック、サイドキー3本、下のB♭キーとD#キーなどを磨きました。明日は大きなトーンレバー8個を外します。そのあとはいよいよ管体の磨きになりますが、トーンレバー取り付け用の角がいっぱいあるので非常に磨きの作業やりにくそうです。

Img_1401

It is the second day of repairing the old rusty SAX. I cleaned up three side keys,lower B♭key, lower D# key and the neck. Tomorrow I will remove large 8 tone levers. After that it will then start main body cleaning work. However, it would be very hard work because there are so many lever supporting posts standing around every where of the main body.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月14日 (土)

SAXリペアー進行状況その1(Report of SAX repair No.1)

比較的細かい部品から外して磨きをかけました。塗装剥離剤のM-201はあまり効果がないようです。従ってサンドペーパーでラッカー塗装を落としてから磨きました。鏡面仕上げをするつもりですがどうしてもサンダー目が多少残ってしまいます。

パームキー、オクターブキー、サイドキーなどを先ず外しました。

Img_1394Click to enlarge the photo.

Img_1361Before cleaning

I started the SAX repairment. First I took out small parts such as octave key, side keys and the palm keys as shown in the picture. Paint remover M-201 was not good enough to remove the laquer paint then I used sand paper and then polished in mirror surface but the marks or the scratches of the sand paper remain slightly.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月11日 (水)

真っ赤に錆びたオンボロサックス

写真のような真っ赤に錆びたオンボロのアルトサックスを手に入れました。以前からサックスのリペアーの練習用になるべくボロなサックスを探していました。古いサックスは何故かかなり高価でブランド品だと普通の新品のサックスが買える価格になってしまいます。触るのも嫌なくらい錆がありましたが、凹みやキズはなく、何とか修復出来そうです。もちろんこれでは演奏は出来ませんでした。しかし分解、清掃をする前に一応はトーンホールの調整やレバーの調整をした結果全ての音階で音が出るようになり一応は演奏が出来るようになりました。まだレバーのストロークの不揃いやガタなどがあり、錆による動きの鈍さもあります。これから全てを分解し、ラッカー塗装を完全に剥がしてから磨き上げてプライマー処理や最終仕上げ塗装をします。自分用として少し変わったデザインのカラー塗装も施してみようと思います。かなり難しい困難な仕事になりそうですが以前に行ったテナーサックスよりはうまく出来ると思います。これから順次工程順にブログで報告して行きます。

Img_1380

Img_1383これはブランド物ではありません。恐らく台湾製だと思います。構造はほとんどヤマハの物にそっくりです。
I found a very ols and full rusty alto saxophone as shown in the pictures. This is what I have been looking for. I couldn't understand why these old rusty musical instrument is so expensive. This was cost \6500. I will use this SAX for my study of how the SAX is assembled and how to maintain to keep good sound. This has no dent or scratches but just very rusty. Before I take the all parts out I adjusted tone hole pads and lever movement. I tried to play the SAX even it was very dirty and hesitate to touch on it but it makes a good sound and I played some piece of music. I will peel off all paint and polish to be a beautiful saxopnone I thought I can repair and make it a shiny one. It would be a very hard work for me. I will paint some colorful design on it for my favorite one. I wll report all steps of this repairement on my blog.    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »