« HUTTLのトランペット(HUTTL Trumpet made in Germany) | トップページ | SAXリペアー進行状況その1(Report of SAX repair No.1) »

2015年11月11日 (水)

真っ赤に錆びたオンボロサックス

写真のような真っ赤に錆びたオンボロのアルトサックスを手に入れました。以前からサックスのリペアーの練習用になるべくボロなサックスを探していました。古いサックスは何故かかなり高価でブランド品だと普通の新品のサックスが買える価格になってしまいます。触るのも嫌なくらい錆がありましたが、凹みやキズはなく、何とか修復出来そうです。もちろんこれでは演奏は出来ませんでした。しかし分解、清掃をする前に一応はトーンホールの調整やレバーの調整をした結果全ての音階で音が出るようになり一応は演奏が出来るようになりました。まだレバーのストロークの不揃いやガタなどがあり、錆による動きの鈍さもあります。これから全てを分解し、ラッカー塗装を完全に剥がしてから磨き上げてプライマー処理や最終仕上げ塗装をします。自分用として少し変わったデザインのカラー塗装も施してみようと思います。かなり難しい困難な仕事になりそうですが以前に行ったテナーサックスよりはうまく出来ると思います。これから順次工程順にブログで報告して行きます。

Img_1380

Img_1383これはブランド物ではありません。恐らく台湾製だと思います。構造はほとんどヤマハの物にそっくりです。
I found a very ols and full rusty alto saxophone as shown in the pictures. This is what I have been looking for. I couldn't understand why these old rusty musical instrument is so expensive. This was cost \6500. I will use this SAX for my study of how the SAX is assembled and how to maintain to keep good sound. This has no dent or scratches but just very rusty. Before I take the all parts out I adjusted tone hole pads and lever movement. I tried to play the SAX even it was very dirty and hesitate to touch on it but it makes a good sound and I played some piece of music. I will peel off all paint and polish to be a beautiful saxopnone I thought I can repair and make it a shiny one. It would be a very hard work for me. I will paint some colorful design on it for my favorite one. I wll report all steps of this repairement on my blog.    

|

« HUTTLのトランペット(HUTTL Trumpet made in Germany) | トップページ | SAXリペアー進行状況その1(Report of SAX repair No.1) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真っ赤に錆びたオンボロサックス:

« HUTTLのトランペット(HUTTL Trumpet made in Germany) | トップページ | SAXリペアー進行状況その1(Report of SAX repair No.1) »