« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月19日 (火)

後発白内障の手術(A medical operation after cataract)

昨日は雪混じりの冷たい風が吹くとても寒い日でしたが市川の東京歯科大学市川総合病院へ眼科の定期検診で行って来ました。ここでは角膜移植、白内障、緑内障などの手術を全部で7回も受けています。医者が右目の人工レンズの裏側の膜が濁ってきていると言いました。これは白内障手術の後で生じる症状です。私は最近とても見にくくなったのは緑内障による視神経の損傷だからと思っていました。レーザーで治療すると良くなりますがやってみますか?と聞かれ、即座にお願いいたしますと答えました。レーザーを濁った膜に焦点を合わせて数回照射しました。簡単で短時間の手術でした。レーザーを照射した直後から濁っていた視界が透明になり先生の黒髪が艶のある綺麗な黒に見え、白衣がまさしく白衣になりました。細かい字も読めるようになり楽譜も見やすくなりました。素晴らしい事です。

It was a very cold snowy day yesterday Jan.18th. I went to Ichikawa city in Chiba prefecture. There is a big hospital called Ichikawa General Hospital where I had eye surgery for several times.Three times of coanea transplantations, one cataract surgery and three times of glaucoma surgeries. My left side eye is very good now but right side eye has already greatly damaged by glaucoma. I have only half visual field on my right side eye. And recently very hard to see the things. Doctor told me that a memblrane behind the artificial lenz in my right side eye became muddy that is why it is very hard to see. She (the doctor) said a laser surgery is good for this symptom. The muddy memblane will be cleared transparently. She asked do you want ? I immediately told her of course! The laser surgery was very easy and done in a very short time. Few laser pulses were applied and suddenly my vision was cleared.I can see her hair was just purely black and white gown was just pure white ! It was almost impossible to read small letters before but now I can read !! I am so happy now. Reading the musical note is bacame also easy !!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

SAXの針バネ用フック(A hook for SAX needle spring)

SAXを修理、調整したりする場合、トーンレバーを動かすための針バネを引っかけたり外したりする必要があります。これは先の細いペンチなどでもできないことはありませんが作業がとてもやりにくいのでやはり専用の工具が必要です。針バネ用フックと言うのがありバネを引っかけたり外したりするのに使います。道具が有ると無しでは作業効率が大きく異なります。

Img_1510Click the picture to enlarge.

Img_1508

Img_1509

When we repair and adjusut the SAX needle springs to activate the tone levers are needed. And those springs must be hooked or unhooked on the levers for the adjustment work. This operation can be done by using a little pinch but it is not easy. A special tool for this work a needle spring hook is very useful. This work is very much easy using this tool as shown in the pictures above.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月14日 (木)

小さなスプーンでOK(A little spoon is useful)

SAXのトーンレバーには指を当てる所に通常は貝殻から作った指貝という物が付いています。Padを加熱する場合この指貝が焦げてしまうので加熱時は保護する必要があり、これにも専用の指貝に被せる専用の工具があります。しかしこれは小さなスプーンで代用することができます。なるべくステンレス製のスプーンが熱電導が少ないので良いと思います。

Img_1501

Some tone levers have finger pad shaped like small button  made of shell. So when we want to heat pad with torch the button must be protected from heat. There is a special tool for this use but a little spoon is just good for this purpose. A spoon made of stainless steel is much better because heat conduction is very slow or I should say small.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SAX修理用小型トーチ(A little torch for Sax repairment)

SAXを調整したり修理したりするにはシュラクとういうタンポ接着用のボンドを溶かす必要があります。また、調整する場合も使います。通常は10000円近くしますが素人が使うにはもう少し安価なトーチで良いと思います。東急ハンズにちょうど良いトーチがありました。非常にシャープな小さい青い焔が出せるのでSAXの狙った部位を的確に加熱出来ます。

Img_1495

Img_1498

When we repair or adjust the SAX it is necessary to use a small sized torch. The tone hole pads are glued by heat melting bond called "shluk?". I'm not sure the spelling of this word. The pad must be easy to removed so the glue for the pad must be melted by heat when we repalece the pad with new one. This torch has a very sharp thin blue flame as shown in the picture therefore it is very easy to heat the target point correctly. Usually this kind of torch is very expensive but I found a less expensive one in Tokyu Hands and it is just good enough for us. .

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月11日 (月)

SAXリペアー進行状況その9(SAX Repair No9.)

先日、東戸塚のBOOK OFFで中古のサックスを見つけました。MINERVAというアルトサックスで錆も非常に少なくタンポの劣化もないようです。各キーの動きも良さそうですが低音部のタンポのしまりが悪くテーブルキーの連動が良くありません。一部小さな部品が欠品しています。しかし、十分に修復出来そうなので衝動買いをしてしまいました。税込で10800円と安い買い物でした。
良く調べた結果タンポを3か所だけ新しく交換しました。テーブルキーの調整方法はYAMAHAのお店で教えて頂き、タンポのシュラク(接着剤)の付け方も教えて頂きました。そのためにシュラクを溶かす小型のバーナーを東急ハンズで購入しました。

調整の結果驚くほど音が出し易く演奏がとても楽にできます。音も明るい音でYAMAHAのYAS62よりも吹きやすい感じがします。何故このように違いがあるのか?今後の解明が楽しみです。

Img_1492Clickthe photo when you want to enlarge the photoes.

Img_1493

Img_1494

Few days ago I visited a shop called "Book Off" in Higashi Totsuka. And I found a used Sax named Minerva. It was a very beautiful one and very shiny. I carefuly checked it and I found some tiny troubles and I thought that it would be very easy to repair. The price was very cheep it was only \10800. I bought it impulsively. I replaced three tone hole pads and adjusted the table keys. I asked YAMAHA's repair staff how to adjust the table keys. She taught me very kindly and I succeeded to repair this Sax completely. It is very easy to play and the sound is very briliant. I think this Sax would be a nice guide to make my old rusty Sax to be a good one.

続きを読む "SAXリペアー進行状況その9(SAX Repair No9.)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SAXリペアー進行状況その8(SAX Repair No8.)

真っ赤に錆びていたアルトサックスは全てのタンポの交換をして組み立て、そして各レバーやトーンへのパッドの閉まり具合を調整した結果一応は全音階の音が出せるようになった。しかし、まだ音が出にくかったり、音がひっくり返ったり、レバーのストロークが不揃いだったりして楽器としてはまだ完成の域には達していません。サックスの調整は本当に難しいということが良く解りました。一応はここで一段落として、今後は更にタンポの付け方を変えたり、針バネを交換したり、コルクの高さの調整をして楽器として完成させるつもりです。今はまだ非常に演奏しにくい物ですがとりあえず「オンブラマイフ」を吹いて見ました。

「428.1.11.wma」をダウンロード

上記はファイルを短くしたので途中までの演奏です。

Img_1488Click to enlarge the phptoes.
Img_1489

続きを読む "SAXリペアー進行状況その8(SAX Repair No8.)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 6日 (水)

SAXリペアー進行状況その7(SAX Repair No.7)

サックスの修復作業はかなり進みましたが、やはり特殊な工具が必要になります。これらの特殊工具は大変高価なので作ってみました。トーンレバーの針バネをバネポストに押し込んだり外したりするための工具で市販品は1万円以上ですが、古い不要の工具を使って製作出来ました。

先ず普通の先の比較的細い通称「ヤットコ」と言われている一種のペンチを使って片側に約1.5mm幅のスリットを付けました。これはとても難しい作業で片側の先端の中央部から慎重に金属用の弓鋸で少しづつ切り込みを入れます。次に1.5mm幅の薄いヤスリでスリットを綺麗に整形します。反対側はすべり止めの凹みを丸ヤスリで付けました。

写真にもう一つ写っている丸い金属の板はタンポ調整用のヘラです。まだ形状が良くないのでこれから更に形を整えて行きます。

Img_1542

Img_1483

The Sax restoration has making steady progress but I need some special tools. When I remove or insert the needle spring it must be done using a pair of special pliers so called pinch in Japanes language but it is very expensive costs more than ten thousand yen. Then I made this tool by modifying an old tool "YATTOKO" as shown in the picture. It was very much difficult to make a slit on the top of the pinch. First I cut the slit by small saw and made the slit in good shape by a thin file. The round shaped thin plate behind the pinch is another special tool to adjust the pads. I have to meke it in more good shape. 

続きを読む "SAXリペアー進行状況その7(SAX Repair No.7)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »