« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月22日 (月)

卓上旋盤に電圧、電流計を取り付け(Equiped an ampare & voltage meter on the lathe)

卓上旋盤に電流計、電圧計を取り付けました。旋盤に大きな負荷をかけるとモーターやギアーが痛むので適切な負荷を保つようにする必要があります。そこでモーターに流れる電流や電圧が計測できるように電流、電圧計をとりつけました。メーターはフルスケールの目盛が10ですがこれは10倍して100Vと読み、電流は10Aとなります。メーターは1個ですが分流器と倍率器を切り替えスイッチで切り替えることで、電流を計測したり、電圧を計測しだりすることが出来ます。

Img_1572

Img_1573

I installed a ampare and voltage meter on my desk top lathe. Motor and gears will be damaged when when these were over loaded. That is why I installed a meter so that to monitor the load by reading the electric current and voltage upon the lethe. The meter indicate 10 at the full scale. 10 scale corresponds to 100 volts and 10 ampares for the current. This meter is a full scale 1mA meter but using a series resistance for the voltage and a branch wire to swich them to be a voltage meter and a current meter.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

4本目となったアルトサックス(The fourth Alt Sax for me)

サックスの構造は非常に複雑です。この楽器は常にメインテナンスが必要であって使いっぱなしだと必ずタンポの空気漏れなどが生じて演奏がとても困難になってしまいます。楽器店に調整に出すと精度良く調整してもらえますが、、費用もかなり掛かってしまいます。そこで自分で調整できるように各種の工具屋材料を揃えました。ジャンクのサックスを使って分解屋調整をしているうちにこれがとても面白くなりついに4本目のサックスを手に入れることになりました。これは下倉楽器のオリジナルでMARCATOという名称です。購入した時は低音部のCとD♯のキーが外れており、これを取り付けるネジが欠品していました。致命的な欠陥はCキーを取り付けるナットに相当する丸い部分が折れて無くなっておりこのままでは修復はできないことが判明しました。(写真3枚目)
管体には錆などが全くなくとても綺麗な状態です。

そこで、この部分の部品を旋盤で製作し、元付いていた所に半田付けをしました。今は代用のネジで取り付けてありますが下倉楽器店に注文する予定です。

全てのタンポを調整し、レバーのストロークも調整下結果全音階が綺麗に出せるようになり問題なく演奏が出来るようになりました。このサックスの管体は板厚がかなり薄いので柔らかくちょっとした衝撃でも凹みが出やすいようです。また普通は貫通軸で取り付けるトーンレバーをイモネジ式で取り付けているのでその分だけ重量が減り全体としてかなり軽量化されています。音質は柔らかく明るい感じなのでJAZZ系よりも演歌や童謡などに向いているかも知れません。いずれにしても今後大事にして使って行く予定です。

Img_1568

Img_1569

Img_1570

Every Saxophone has a very much complicated construction mechanism. Therefore it is very important to maintain very often to keep a good quality. When playing the SAX for long time without ant maintenance air leak between tone holes and pads will occur and it becomes much difficult to play in a good sound. To order a maintenance work to a professional maintenance shop they will adjust and tune the SAX in a very good condition. However it is very expensive. So I have prepared many tools and materials for the SAX maintenance work. I am just interested in the SAXmaintenance work after I tried to repair the old junk SAXes. I have alreay three Alt Saxophones and now I got number fourth one. It is an original instrument of Shimokura musical instrument shop named MARCATO. When I got this SAX I found a fatal damage on low C key and D ♯ key.
It's installing post had broken and screws had gone. It was impossible to repair without those parts. Then I made the parts using my lathe and succeeded to install the keys.
(Shown in the picture No.3)
I adjusted all tone pads and levers and then the SA bacame a very good one and I can play it in a very good condition. This SAX is very light comparing with other ones because the main tube was made of rather thin brass metal. It is very weak so I must hold the SAX very carefully. Some levers are installed without shaft but just by s,all screws. It means to keep the SAX light. I think the sound is very soft so it would be good to play not for Jazz but for Japanese popular song. I wll keep on this SAX for my own one.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

SAXスタンドの製作(Making a SAX stand)

アルトサックスが3本になったので演奏時にいちいち仕舞うのが面倒なのでサックスのスタンドを製作しました。寸法は既成のサックススタンドを参考にして材料は有り合わせの材料で作りました。フックの部分は傷がつかないようにシリコンチューブを被せました。見た目は良くありませんが実用性は十分です。

Img_1555

Img_1557

Now I have three ALT SAXes so it is troublesome to put back the SAX into it's case every tme I played so I made a SAX stand. I used the material for the stan what was available at hand. I covered the hook with silicon tube to avoid scratch to the SAX. The view of this stand is not good but it just good enough for use.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »