« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月24日 (日)

Heliosをケヤキの台座に搭載してみました。(Helios mounted on zelkova wood base)

縦振り電鍵のHeliosは今まではアクリルベースに搭載し大理石に載せていましたが、今回はケヤキの台座に搭載してみました。重量感があり打鍵音も大変静かで使いやすい電鍵になりました。通算製作番号はNo.902号です。

001

Click on the photo to enlarge it.

002

004
This time I mounted the No.902 Helios vertical swinger on a wooden base named Zelkova. Operation is very quiet and smooth.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 9日 (土)

またアルトサックスを購入しました。(I bought an alto sax again)

ある中古の楽器を置いている店を訪ねたらとても綺麗なアルトサックスがありました。見た眼はとても綺麗で錆や凹みもなくタンポの状態も良好です。SELVAというある有名な楽器店のオリジナル商品です。よく点検した結果十分修復が出来そうなので購入しました。早速演奏してみると中音域が全くだめでした。リークライトを入れて検査してみてもタンポからの光の漏れはありません。さらによく点検した結果、ネックのオクターブキーが完全に閉じていないことが判明しました。ネックに付いているオクターブキーを調整してタンポが完全に閉まるように調整しました。これで低音部から最高音域まで完璧に演奏できるようになりました。あとはアクション(ストローク)の調整とタンポのベタ付きを取るためZIPPOのライター用オイルを綿棒の先に付けてタンポの面を清掃した結果ベタ付きはなくなって気持ちよく演奏ができるようになりました。これで手持ちのアルトサックスはまた4本に増えてしまいました。

001_2

002_3

When I visited an aantique shop I found a beautiful used alto sax named SELVA which is the original musical instrument of a famous musical instrument shop of Japan.I exained it very carefully and I thought it would be very good if I repair. I bought it and I checke it by a leakl light test to find some air leaking through the tampos(pads). I couldn't find any air leak but the medium tone couldn't play well. I found it was caused by the octave key fixed on the neck. I adjusted the octave key pad to be closed tightly and finally The sax became a very good one and can be played from the lowest tone up to the highest tone.This has no dents and rust and it is very beautiful as if it is a bland new one.  There were some sticky pads then I cleaned the pads with Zippo lighter oil.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

また、また新型縦振り電鍵「A new type vertical swinger again」

またまた新型の縦振り電鍵の登場です。この電鍵の特徴はベース面には接点やストッパーが付いていない事と、接点は前方にあって燐青銅板が下方から上方に向かって動くことです。また、バネの機構は0.8φのステンレスバネをレバーに取り付けたネジで引き上げる構造にしてあります。軸には10φのベアリングを用いて円滑な動きを実現しました。電鍵の命名は太陽を司る女神「Helios」と付けました。

005銘板の刻印が違っていますがHelionの刻印のプレートに交換しました。

008

Now I made a new type vertical swinger again. An unique feature of this key it has no contact point and stopper on the base structure. The contact point is locatedat the top end of the key with the phosphor bronze plate as shown in the pictures. The spring tension adjustment is constructed by a 0.8φneedle spring with a pull up screw on the lever. I used two 10φbearings to make it move smoothly. I named this key「Helios」which means a goddess controling the Sun..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »