« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月23日 (金)

ストレート電鍵「Helios」通算製作番号 1009号が完成です。

精魂込めた手作り電鍵「縦振り電鍵」が完成です。Heliosと命名してあります。通算製作番号は1009号になりました。この電鍵は接点が前方にあり上側の接点は尖らせてあり下側(レバー側)は0.4mm厚の燐青銅板が付いています。打鍵音がとても静かです。台座は南洋産の硬くて比較的重い木材のパドックという気を使っています。真鍮は錆びると色が悪くなるので先ず磨いてから塗装の食いつきを良くするプライマー処理を行いその上にクリアーラッカーをかけてあるので真鍮の美しい輝きが維持されまます。バネは0.8mmのステンレスの針バネを使っています。1対3で構成されるCW(モールス信号)を正確に打つには大変良い電鍵です。

The straight key named Helios has completed with great effort by me.The serial number became 1009. The contact point is located on front side of the key and the upper contact point is sharpened. I used a 0.1mm thick phosphor blonze panel. Operating sound is very quiet. A very hard and heavy wood imported from south seas used for the basement. All brass parts are treated primary coating and painted clear lacquer to prevent from rust. Therefor the beautiful shiny surface will be kept for very long time. It would be very good for practicing mors code operation.

Img_3147

続きを読む "ストレート電鍵「Helios」通算製作番号 1009号が完成です。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

エレキ チェロの製作(Making an Electric Cello)

エレキチェロを作ってみました。共鳴箱を作ることは非常に大変なので基本的な弦の張りの寸法をチェロ(4/4)に合わせてフレームを作り弦を張っただけです。駒はまだ暫定的な物なので今後もう少し格好の良い駒を作ります。全体としてはまだ粗削りのままですが、これから塗装などをして仕上げて行きます。ピックアップは本来は振動センサーを使うべきですがとりあえずはコンデンサーマイクの手持ちがあるのでこれで代用です。テストした結果、チェロの低音の響きが出ました。

I tried to make an Electric Cello. As it is a very hard work to make a resonance box so I only make a flame work just same size with the 4/4 Cello string size. The bridge is a temporary one so I will make more good one soon.The whole structure is not refined yet.I will finish the flame with painting. I must use a vibration sensor but it is expensive then I used a condenser microphone instead of it. I tried to play and I realized that it could make a good low tone of the Cello sound.

Img_3138

Img_3139

続きを読む "エレキ チェロの製作(Making an Electric Cello)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

作業台の修復(Restoration of an old work bench)

作業台「Work Bench」が古くなって天板が痛んできたので新しい天板に交換し、更に錆びたフレームを塗装しました。天板は普通の合板では柔らかいので高級な床板用の材料の12mm厚の板を二枚張り合わせて使いました。

I restored my old work bench. The table plate was greatly damaged so I replaced the panel with new plate. Usually the ply wood was used for the top plate however, the ply wood is rather soft and it will be soon damaged then I used a high quality floor panel because it is very hard. The panel is 12mm thick so I put two panels together to make it 24mm thick..

Img_3102

Img_3107

Img_3104

Img_3110

Img_20180312_152050_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

シングルレバーパドル「White Eagle」No.1007号が完成

シングルレバーパドル「White Eagle」通算製作番号No.1007号が完成しました。この電鍵は左右の電極を短絡すると往復電鍵として使用できます。レバーの先端をコイルバネで常に引っ張っているのでレバーの中点位置が安定しています。この電鍵は表現は良くないかも知れませんが、所謂「引っ叩き野郎用」として考案しました。大きな手首の振りで引っ叩くように打鍵します。もちろん小さな振幅で静かに打鍵することも出来ます。13mm厚の透明アクリル板に構築し、20mm厚のイタリア産高級大理石(ビアンコカララ9に搭載してあります。真鍮は酸化すると色が悪くなるので先ず磨いてから塗装の食いつきを良くするプライマー処理をしてからクラーラッカーをかけてあるので真鍮の美しい輝きが維持されます。ダストカバーが付いています。

A single lever paddle named 「White Eagle」 serial No.1007 has just completed. This paddle can be used as a side swinger when two terminals short circuited. The front end of the lever is pulled by a coil spring to keep the lever in neutral position therefore the neutral position is very stable. I designed this paddle to operate with full swing of wrist. I think it's not a good expression but I will say operating like as if slapping the paddle. And of course this can be operate very quietly. The paddle is mounted on a 12mm thick clear acrylic plate and a 20mm thick white marble stone is under it. I painted clear lacquer paint after shined the brass parts to prevent from rusting.

Img_3085

Img_3084_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

Blonde Jenny No.1006 号が完成しました。

IAMBIC型パドル「Blonde Jenny通算製作番号 No.1006号が完成しました。このパドルは幅10mmで高さが15mmという太目のレバーで構成されており左右のバネの調整が独立してできます。硬めのタッチで比較的ゆっくりした速度で打鍵するのに適しています。従ってCWをこれからマスターしようとする初心者の方には特にお勧めです。私のブログの表紙の写真もこのパドルです。大理石ベースでダストカバーが付いているとても豪華な電鍵です。

An IAMBIC type paddle named Blonde Jenny has completed. The serial number of this paddle is 1006. In this paddle two very thick levers are used 10mm width, 15mm height so the operating is rather heavy. Therefore it is good for practicing CW code for beginners in slower speed. Same photograph is used on the cover picture of my blog. It is a very luxurious one because a big marble stone used for the base and having a dust cover.

写真はストレートキー「Helios」と一緒に撮影しました。

Img_3081

Img_3083

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »