« アコーディオンの修復(Repairing an old Accordion) | トップページ | アコーディオンのセグメントの補修 »

2018年6月 5日 (火)

アコーディオンのセグメント検査装置

アコーディオンの音の立ち上がりに遅れが生じるキーがあるのでこの原因を確認するため写真のような検査装置を作ってみました。空気の出る穴がセグメントと同じ間隔で2つあり中央のレバーを前方に押すと穴が1つになり個別に確認ができます。アコーディオンから外したセグメントを検査台に載せて右側のレバーで空気を送ります。空気は40φのアクリル丸棒の中にピストンを入れて送り込みます。確認した結果逆止弁が閉まるのが遅れることで立ち上がりが遅れることが確認できました。しかし空気の量がピストンでは不足のようで高音域のキーは十分な音が出ませんでした。やはりBellows(蛇腹)でないと不十分なようです。

I thought the sound will not start simultaneously with the key action. The sound will delay somewhat with some keys. I made an inspection device to check how the sound delay. There are two air flow holes as same shaped with the accordion segment and when I push the center lever one hole can be closed so that to check the one segment only. The air can be blown by pushing the piston rod located on the right side of the device. The cylinder is made of 40φ acrylic pipe. I found that the check valve installed in the segment have already very old then the valve material became warped that is why the valve didn't close simultaneously with the key action. I thought the air flow is not sufficient so I think I need a bellows instead of using the piston device.

Img_3304

Img_3303

Img_3302

|

« アコーディオンの修復(Repairing an old Accordion) | トップページ | アコーディオンのセグメントの補修 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アコーディオンのセグメント検査装置:

« アコーディオンの修復(Repairing an old Accordion) | トップページ | アコーディオンのセグメントの補修 »