« 究極のシングルレバーパドル(Prong horn) | トップページ | 縦振り電鍵「Helios」のつまみを真鍮製にしてみました。 »

2018年8月13日 (月)

アコーディオンの修復 その2

中古のアコーディオンをまた手にいれました。見た目はとても綺麗なアコーディオンです。しかしながらベローズ(蛇腹)のコーナー部分の布が劣化して空気が洩ってしまう状態でした。

この不具合が全ての部分で生じているため蛇腹を操作しても音がとても小さくて演奏が出来ません。最初は蛇腹の内側から補修する予定でしたが、中は良く見えないので外側から補修するようにしました。なるべく柔らかくて薄い布でしかも空気が洩れない布を探しましたがなかなか適当な物がありません。物を包む時の飾りテープが薄くて柔らかく、生地の密度が詰まっているので空気が漏れにくいと思いこれを木工用のボンドでコーナーの漏れる部分に貼り付けました。しかし1か所ではそれほど空気は持っていませんが、この数が多いので全体としては漏れが大きくなってしまうようです。そこでこの部分にクリアーラッカーを吹き付けて布の折り目の隙間をふさぐようにしたところ効果があり何とか演奏は可能となりました。しかし、やっぱり漏れる感じがまだあります。何とかもう少し改善しないと、、、
I got an used accordion again. The appearance of this accordion is very beautiful however, the bellows are leaking. All corners of the bellows are almost leaking air then the sound of  it is very weak. First I intended to repair it from the inside of the bellows but it was very difficult to see the inside of it. So I repaired it from it's outside. I couldn't find a good material which does not leak air and very thin. Finally I selected a decoration tape for gift. I put this tape to all corner of the bellows using a wood craft bond. but air is still leaking because the repaired points are so many. One point of the repaired portion the leak is very small but air can leak from the great number of repaired portions. I put a clear lacquer paint on the portions to shut texture and I got a good result but it's not good enough. I think I need more good countermeasure.
英文というのは何故かどうしても長ったらしい文になってしまいます。Native の人ならもっと短縮できるのでしょうが、、、、   

Img_20180813_200233

Img_20180813_200247

|

« 究極のシングルレバーパドル(Prong horn) | トップページ | 縦振り電鍵「Helios」のつまみを真鍮製にしてみました。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アコーディオンの修復 その2:

« 究極のシングルレバーパドル(Prong horn) | トップページ | 縦振り電鍵「Helios」のつまみを真鍮製にしてみました。 »