« ストレートキー「Sprout」No.1071号 | トップページ | サイレントチェロ(エレキチェロ)を作ってみました。 »

2019年4月29日 (月)

トランジスターDip Meterの製作

電界効果トランジスター(通称FET)を使ってDip Meterを製作しました。既にDELICAというメーカー製のDip Meterがあるので必要は無いのですがちょうど良いバリコンが入手できたので作ってみました。FETは2SK439というUHFまで使える物を使いました。コイルは6本構成で1.5MHzから約120MHzまでをカバーします。ダイアルは手書きなのであまり恰好が良くありません。ケースにはカウンター用の出力端子をつけたので周波数が直読できます。メーターが大きいのでDELICAの物より使い易くなりました。

I made two dip meters using field effect transistor so called FET.  I have already DELICA's one so I didn't need to make the dip meter but I got very nice variable air condensers (Vari-con) so I made the dip meters. I used a 2SK439 FET which is abalable to use for UHF band. The coils are constructed with 6 coils covering 1.5MHz up to about 120MHz. I wrote the dial scale by my free hand then the outlook of it is not good. I put a counter out put terminal on the case so the frequency can be read out directry. It is very nice to use as the meter is very large so it is much easier to use it than DELICA's one.

 

Dip-meter-3

 

|

« ストレートキー「Sprout」No.1071号 | トップページ | サイレントチェロ(エレキチェロ)を作ってみました。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ストレートキー「Sprout」No.1071号 | トップページ | サイレントチェロ(エレキチェロ)を作ってみました。 »