« サックス愛好家のサックス成果発表会 クラシック演奏 A Classical music | トップページ | 中古アルトサックスのリペアー »

2019年7月11日 (木)

複式電鍵 「White Eagle」の改良型 An Improved Swinger 「White Eagle」

従来製作していた複式電[White Eagle」の接点を改良しました。以前は2mm厚の真鍮のレバーにそのまま先を尖らせたボルトを接点としていましたが打鍵時の音が大きく、またまた跳ね返りで反対側の接点にも接触することがあったので、0.4mm厚の燐青銅板をレバーの両側に付けました。これで打鍵音がとても静かになり操作性が向上しました。

I have improved contact points of my swinger named 「white Eagle」.Usually I used a 2mm thick brass plate of the lever as its contact point with two sharp pointed bolts on both side. But this time I put a 0.4mm thin phosphorus bronze plate on both side of the lever. Resultantly it became very quiet and good feeling when operating.

Img_3833 Img_3832 Img_3831 Img_3830

|

« サックス愛好家のサックス成果発表会 クラシック演奏 A Classical music | トップページ | 中古アルトサックスのリペアー »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サックス愛好家のサックス成果発表会 クラシック演奏 A Classical music | トップページ | 中古アルトサックスのリペアー »