« 縦振り電鍵の製作(My straight key) | トップページ | 新型のシングルレバーパドル(Anew type single lever paddle) »

2020年2月25日 (火)

また電鍵の試作です。(A trial side swiper)

また試作品を作っています。出来るだけ部品点数を減らしてシンプルでしかも高性能を目指して、、 レバー2mm厚の15mm幅で、これを2mm幅のスリットに通しています。レバーの前方をコイルバネで引っ張ります。レバーが前に抜けないように、2mmφで長さが7mmの丸棒を上下2か所に穴を開けて差しこみ半田付けしました。2mm幅の狭いスリットの間で2mm厚のレバーがスイング(Swing)するのですか動き代は極く小さいので十分です。接点には0.4mm厚の燐青銅板を左右に付けてあります。コイルスプリングは僅かに振動音が出るので防振のためにシリコンチューブをかぶせてあります。レバーの2mmφの丸棒がいつもレバーを直角に戻そうとする作用があるのでレバーの中点位置が非常に安定しました。従って接点間隙を小さく出来るので打鍵のストロークは見事に小さくなり、打鍵音も大変静かです。これから命名を考え底面にシリコンゴム座を付けると完成です。

I made a trial key it would may be called side swiper or swinger but I'm not sure the name of it. This time I tried to make a key using a very small number of parts. The lever is a 2mm thin brass plate inserted into 2mm narrow slit in the 2mm thick plate as shown in the picture. The lever is pulled by a coil spring. There are two small dowels 2mm φ and 7mm length inserted into the lever just behind the vertical plate shown in the picture. The swinging angle is very small it is just enough to move the lever in the narrow slit. The lever can be kept exactly at its neutral position because the two dowels work the lever to set the lever in the right angle. Then the contact opening can be adjusted very narrow. It is very easy to operate and the sound is very quiet. I hope you understand what I want to tell you in my poor English.!!

Img_4284 Img_4286 Img_4288 Img_4289 Img_4290

 

|

« 縦振り電鍵の製作(My straight key) | トップページ | 新型のシングルレバーパドル(Anew type single lever paddle) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 縦振り電鍵の製作(My straight key) | トップページ | 新型のシングルレバーパドル(Anew type single lever paddle) »