趣味

2020年2月25日 (火)

また電鍵の試作です。(A trial side swiper)

また試作品を作っています。出来るだけ部品点数を減らしてシンプルでしかも高性能を目指して、、 レバー2mm厚の15mm幅で、これを2mm幅のスリットに通しています。レバーの前方をコイルバネで引っ張ります。レバーが前に抜けないように、2mmφで長さが7mmの丸棒を上下2か所に穴を開けて差しこみ半田付けしました。2mm幅の狭いスリットの間で2mm厚のレバーがスイング(Swing)するのですか動き代は極く小さいので十分です。接点には0.4mm厚の燐青銅板を左右に付けてあります。コイルスプリングは僅かに振動音が出るので防振のためにシリコンチューブをかぶせてあります。レバーの2mmφの丸棒がいつもレバーを直角に戻そうとする作用があるのでレバーの中点位置が非常に安定しました。従って接点間隙を小さく出来るので打鍵のストロークは見事に小さくなり、打鍵音も大変静かです。これから命名を考え底面にシリコンゴム座を付けると完成です。

I made a trial key it would may be called side swiper or swinger but I'm not sure the name of it. This time I tried to make a key using a very small number of parts. The lever is a 2mm thin brass plate inserted into 2mm narrow slit in the 2mm thick plate as shown in the picture. The lever is pulled by a coil spring. There are two small dowels 2mm φ and 7mm length inserted into the lever just behind the vertical plate shown in the picture. The swinging angle is very small it is just enough to move the lever in the narrow slit. The lever can be kept exactly at its neutral position because the two dowels work the lever to set the lever in the right angle. Then the contact opening can be adjusted very narrow. It is very easy to operate and the sound is very quiet. I hope you understand what I want to tell you in my poor English.!!

Img_4284 Img_4286 Img_4288 Img_4289 Img_4290

 

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

縦振り電鍵の製作(My straight key)



縦振り電鍵(Straight Key)通算製作番号No.1097号が完成しました。この電鍵は見た目が美しいので”Aphrodite"と命名してあります。とても良く出来たと思っています。つまみは縞黒檀と言う高級な材料で作りました。つかむと木のぬくもりを感じます。底部には打鍵音を軽減するために薄いゴムシートを挟んでステンレスの板を取り付けてあります。

My straight key.

I have just completed making my straight key. I named this key "Aphrodite" because it looks very beautiful. I'm so much satisfied with this key. The knob is made of ebony this has very worm feeling when I hold the knob. I put a stainless steel plate under the base with sandwiching a thin rubber sheet to reduce the operating sound




画像に含まれている可能性があるもの:テーブル、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人
写真の説明はありません。
画像に含まれている可能性があるもの:テーブル、室内
写真の説明はありません。


| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

ストレートキー「縦振り電鍵」の製作

Img_4006 Img_4007 Img_4008_20191022191201 Img_4009_20191022191201 久しぶりにストレートキー「通称は縦振り電鍵」を作りました。これは製作依頼があって作ったものです。この電鍵は「Aphrodite,,,ギリシャ神話の女神」と命名してあります。台座はアフリカンパドックと言う赤味の木目が綺麗な木材です。電鍵の構造は一般的な昔からのスタイルの電鍵で打鍵時はカチカチと音をたてます。マニアの中にはこの音が大事だという人もいますが、人それぞれに意見はまちまちです。底面には1.5mmのゴムシートを挟んでステンレスの板を取り付け、その上に4ヶ所、シリコンゴムのざを付けてあります。これは摩擦係数が高いので机上でピタッと安定します。つまみは樹脂製ではなく黒檀にしてほしいということなので縞黒檀で作りました。重量感のあるとても良い電鍵が出来ました。

I made a straight key after a long time. In Japanese we say "a vertical swinging key". For this series of key I named 「Aphrodite」which is the greece mythical name of a goddess. I made this because I was asked to make this one. I used a piece of wood called "African padock" this is a red colored beautiful wood. The construction of this key is a commonly used type  from many years ago. It makes a good noise as "kachi kachi" when we operate this key. Some one says this sound is very important for CW operation, however people have so many opinions each has different ones. I inserted a 1.5mm thick rubber sheet between base wood and a stainless panel under the base. And I put four silicon seats on the panel. This silicon has a very strong friction so the key is very stable on the desk to operate. I was asked to make the knob not plastic but ebony so I made the knob of ebony wood. The key became finally a weightiness good one.  

| | コメント (0)

2019年8月29日 (木)

アンテナ切り替えスイッチ  失敗談 Antenna Switch (A story of a failure)

無線機の種類が多いので使う機種を変える度にアンテナの同軸ケーブルを差し替え直す必要があります。これがかなり面倒なので一念発起してアンテナ切り替えスイッチを作ってみました。市販品の2端子の切り替えスイッチは4個中古があったのでそれを利用し、もう一つは大型のロータリースイッチを使って作りました。430MHzでは市販の切り替えスイッチを2段通過させると10db近くロスが生じ、SWRも4くらいになってこれでは実用になりません。自作の切り替えスイッチはHFでもかなりロスがあた。やはりある程度投資が必要ですね!!失敗談です。

Now I do have so many transceivers then it is very troublesome to change the anntena cable when I change the transceiver. So I determined my mind to make an anntena switch. I used four old caxial switches and I used one big rotary switch. In 430Mhz band it has almost 10db loss after passing two switches and SWR became about 4. I think it is not good for practical use. The big home brewed switch has also a big loss even in the HF band. I realized that I nead to spend more money to make this kind of antenna switch !! This is a story of a big failure !! 

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

中古アルトサックスのリペアー

Img_3855 Img_3854_20190724083601 Img_3853_20190724083501 Img_3852_20190724083601 Selectionという名称のアルトサックス(中古)をリペアーしました。楽器店ではリペアーすることを断られたそうです。調べてみるといくつかの問題点がありました。G,G#,F,F#,E,D,C,C#,B及びB♭などのタンポがトーンホールに密着せず、空気漏れがかなりありました。また、C#(下側)の針バネが弱くレバーをちょっと触っただけでも開いてしまう状態でした。針バネを調整して閉まりを強くし、各部のタンポを調整して空気漏れが無いようにしました。F,F#,Eなどのタンポはそれぞれが連動するようになっているので全部を同時に閉まるようにするのはかなり大変な作業です。オクターブキーのストロークが大きいのでコルクでちょうど良いストロークになるように調整しました。管体に少し出ていた錆は超微粒子コンパウンドで磨きました。この結果綺麗に音が出るようになり、問題なく演奏が出来るようになりました。タンポはパームキー付近の小さいタンポがかなり硬くなってきているようです。これは間もなく新品に交換したほうが良さそうです。

https://youtu.be/kd-CPqS5Uqg 

上記のURLをクリックするとリペアーしたサックスによる演奏「ムーンライトセレナーデ」を見ることが出来ます。

I repaired an old Saxophone named selection. The owner of this Sax ever asked to repair to an instrument shop but the shop didn't repair it because of the Sax has many troubles. It has many air leaking resulting by poor tanpo pad adjustment. G,G#,F,F#,E,D,C,B and B♭are all very poor conditions. A needle spring of C# key is very weak so it was not good to keep closing. i have adjusted all of those keys. The tone holes of F,F#and E are all in coupled mechanism therefore those keys must be adjusted evenly so it was a hard work for me. the stroke range of the Octave key was too big so I adjusted it by using a colk spacer. There were some rust around the body so i cleaned the rust using a very fine conpound. Resultantly the Sax became a very good to play with a good sound. Some tanpo pads around the palm key were already getting hard so those shoul be replaced with new one in near future. 

| | コメント (2)

2019年7月11日 (木)

複式電鍵 「White Eagle」の改良型 An Improved Swinger 「White Eagle」

従来製作していた複式電[White Eagle」の接点を改良しました。以前は2mm厚の真鍮のレバーにそのまま先を尖らせたボルトを接点としていましたが打鍵時の音が大きく、またまた跳ね返りで反対側の接点にも接触することがあったので、0.4mm厚の燐青銅板をレバーの両側に付けました。これで打鍵音がとても静かになり操作性が向上しました。

I have improved contact points of my swinger named 「white Eagle」.Usually I used a 2mm thick brass plate of the lever as its contact point with two sharp pointed bolts on both side. But this time I put a 0.4mm thin phosphorus bronze plate on both side of the lever. Resultantly it became very quiet and good feeling when operating.

Img_3833 Img_3832 Img_3831 Img_3830

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

古いアルトサックスのリペアー(その8)

https://www.youtube.com/watch?v=-ofyBms7q-Q

上記のURLを開くと錆錆のボロボロだったアルトサックスが復活して演奏が出来るようになった動画を見ることが出来ます。短い演奏です。エルビスプレスリーの「Can't help falling in love」のさわりの部分だけです。

You can listen to the sound of repared alt sax by opening the URL written above. It is  just a short play of 「can't help falling in love」the famous Elvis Presley's song.

Img_20190614_170800
















 

 

 

| | コメント (0)

古いアルトサックスのリペアー(その7)

分解し、洗浄、磨き、塗装などの一連の作業が終了したのでいよいよ組み立ての開始です。分解する前に写真を撮っておかなかったので部品の取り付け位置の確認が大変です。タンポは購入しておいたものは純正品ではないので一部にサイズが合わないのがあり、仕方なくタンポを開いてフェルトをちょうど良い大きさに切り再度皮を巻きなおして取り付けました。接着剤はシュラックの粉末状の物を使用しました。部品の取り付けは順番を間違えると取り付けが出来なくなり、その場合はまた、取り外して初めからやり直しです。

All parts removing,cleaning,polishing and painting has all done and I started assembling work. It was very difficult to set the parts on it's correct position because I forgot to take some photoes before to apart the parts. Few tampo pads didn't fit on this Sax so I open the pads to adjust the size cutting the felt. i used a powder type adhessive for the pads. The all parts must be assembled according to the assembling order however, I didn't know the procedure so it was very hard work for me as I have to apart the parts again and again to get the correct order for assembling.  

Img_20190614_082144

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

古いアルトサックスのリペアー(その6)

今日はようやくお天気が良くなったので屋外で塗装作業をしました。ウレタンクリアーは本来は綺麗な艶が出るのですが何となく梨地の肌になってしまいました。

It was very fine day today I've been waiting this beautiful weather for the Sax painting work. I expected a very luster surface after the urethane clear painting however, I couldn't have good result. The surface looks like some what flecked as if a pear.

Img_20190613_093323

Img_20190613_093259

| | コメント (2)

2019年6月11日 (火)

古いアルトサックスのリペアー(その5)

アルトサックス本体の磨き作業も完了しました。針バネは外すと後で合わせる作業が大変なので針バネは外さずにそのまま磨きました。従って何度も指先に針が突き刺さり苦労しました。洗剤で洗浄し乾燥したのでこれからシンナー洗浄をし、油分を完全に取り除いてからウレタンクリア塗装をします。

I have also completed polishing work for the alt saxophone main body. I thought it would be very difficult to adjust the needle springs so I didn't remove the needle springs therefore I often had paniful experiences when I was polishing it by my hand.!I washed and dried the body then I will panit it by clear urethane paint after I degreased it by washing thinner. 

Img_20190609_124416_1

Img_20190609_124347

| | コメント (0)

より以前の記事一覧